BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2010年8月9日】

前作からの壮大な伏線を、絶対に読者が予想できない内容で回収した新テニプリの凄さ



ちょっと遅くなっちゃったけど、今月の新テニプリを紹介していきますよ!


〜前回までのあらすじ〜
コート入れ替え戦に挑んだ中学生チーム。一戦目はクラウザーさんがテニスロボット相手に検討するも、相手の予想外の耐久力に殺しきれず敗北。そして二戦目は四天宝寺・白石と立海・切原という異色のコンビが、モヒカンと若旦那という違う意味で異色のペアに挑む――。


そんなわけであらすじだけ読んでも何が何だかよくわからないと思いますが、これは僕の状況説明能力がテニプリの展開に追いついていないためなので、次までにはもっと精進したいと思います。


ということで始まった異色ペア対決ですが、ここでとうとう白石がその腕の封印を解き放ちます。

……で、忘れている人も多いかと思うのでちょっと補足しておくと、白石は前作からつねに左腕に包帯を巻いており、その下に何があるのかということが読者の間で議論されていたわけですが――結局披露されることはないまま前作は終了

実は包帯の下には何もないのではないか、白石は壮大な中二病なのではないか(中学生だし)などと様々な憶測を呼んでいました。


しかしその謎がついに今回明かされたのです!

作品の新旧をまたいだ伏線の正体は――これでした!


腕に純金のガントレット。


……これは無理だわ。これは予想つかないわ許斐先生……。

いや、腕に重りをつけていざというとき外して「腕が軽いぜ!」っていうのはバトル漫画ではたしかによくあるパターンではあるんですけど、なぜそれが純金製なのか

いちおう白石がなぜこれを身につけることになったのかという経緯も軽く説明されてはいるので、知りたい方は本誌か単行本でご覧いただければと思うのですが、その理由がまたむちゃくちゃですからね。断言してもいいけど、前作の青学戦の時点ではこの設定は思いついてなかったはず。

これは僕の想像なんですけど、たぶん最初は「普通に腕に重りをつけて試合をしている→外して白石パワーアップ!」っていう展開をやろうとしていたんだけど、だいぶ伏線を引っ張りすぎたせいで読者の期待感が高まってしまい、それを敏感に感じ取った許斐先生が「もう普通の重りじゃ読者を驚かせられないよなー」ってなって、「よし、じゃあ重りは重りでも純金製のガントレットにしよう!」ってなったんじゃないかなって思うんですよね。

で、ここですごいのは、普通は純金製のガントレットを思いついたとしても「いや、中学生がテニスの試合で純金を腕に巻くて!」っていうセルフツッコミが入るところを、許斐先生の場合は「これなら読者の誰も想像してないはず! いける!」って盛り上がれてしまうところだと思いました。


いや、そんな分析はどうでもいいので本編に話を戻すと、この純金製のガントレットを外したことで白石は超パワーアップ。

さらに、すぐキレて暴走する切原に「みんなワカメって言うけど…その髪型 めっちゃイカしてるわ」「格好ええなぁ切原クン……」「あとで切原クンの美容室紹介してな」などと言葉をかけべた褒めすることで良い気にさせ、悪魔化を阻止。

……その程度で悪魔化防げるんかい、というツッコミはさておき、結果として切原は穏やかな心を取り戻し……。

天使になりました。


……これはずるいって! 絶対に笑うだろこんなの!

そんで編集がつけた煽り文も「舞う切原には天使の翼が……!!」とかノリノリだし! 「天使の翼が」じゃないよホントにもう!


そりゃ相手ペアのモヒカンさんも「何なのあの二人は!?」とか言うわ。それ全読者の現在の心境です。


ここから一気に巻き返された若旦那とモヒカンペア。

若旦那が一瞬覚醒したりもしたのですが、それも虚しく6-4で白石・切原ペアの勝利となりました。

あ、そういえば若旦那が試合中に、

テンパるモヒカンのモヒカンをガフォってつかんで説教するシーンがあるんですけど、モヒカンのモヒカン部分をこういう風につかむのはおそらく一番やってはいけないことなんじゃないかと思うので、今後このペアに亀裂が入らないかちょっと心配です。


ということで今回はここまで。

来月号では手塚と大和先輩の新旧部長対決が始まります。こちらも楽しみな対決ですね。


……そうそう、


前作の準決勝で白石と戦い敗れた不二が、純金ガントレットに地味にショックを受けていましたけど、たしかにこれはちょっと恥ずかしい

だって、


これとか、


これとか、


今思うとガントレットをつけたままの白石に普通にさばかれてましたもんね……。

不二……。


……。


ドンマイ!



このエントリーをはてなブックマークに追加




前へ   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事