BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2009年4月1日】

男でも理解できない究極のエロ漫画、それこそが「女犯坊」


※今回はちょっと刺激的な内容なので閲覧18禁ということでお願いします。


本日レビューする漫画は「女犯坊」

タイトルからしてすでに嫌な予感しかしないわけですが……とりあえず表紙はこんな感じ。

……これだけ見ると普通なのですが(いや、決して普通ではないのですが、読んだ後だとすごく普通に思えます)、内容のヤバさはかなりのもの。もちろん、普通じゃない方向に、です。

僕も長いことレビューサイトやってますけど、表紙をめくった次のページがいきなり紹介できないぐらいヤバい漫画には初めて出会いました。

こう書くと、「載せられないのはエロ漫画だからなの?」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。確かに本作は、「漫画エロトピア」に連載されていた作品なので、いちおうジャンルとしては成人向けになるかと思います。

しかし、僕が2ページ目をここで紹介できなかったのは、そういう理由ではないのです。

なんと言えばいいのでしょう……本作は成人向けというよりも、超越者向けといった方が正しいかもしれません。

とにかくエロとかそういう次元の思考ではとても語れない方向にぶっ飛んだ漫画なのです。エロ描写もなくはないのですが……ご安心ください。まったく興奮できません

……さて、ここまで書いてもなお、先ほどの表紙の次のページがどんなものだったのか気になって今夜は眠れないわ! という健全なエロ大好き成人読者諸兄の期待をブッ潰すためにいちおう説明しておくと、坊主で全裸の女性(尼僧?)が、恍惚の表情で「あああああ」と悶えている背後で、これまた全裸のマッチョな坊さんが合掌しながら何かを一心不乱に祈っている、というページでした。……ね? 載せられそうにないでしょう?

ちなみに、このマッチョ坊主が本作の主人公、竜水和尚

正真正銘の僧ではありますが、もう皆さんもおわかりの通り、かなりの女狂いです。

こいつの初登場シーンがまた、異様でした。

仏門に入ってなお、これほどまでに禍々しいオーラを放てる竜水和尚、ただ者ではありません。ちなみに手にすり鉢のようなものを持っていますが、あれは女性の死体から採取した脳と子宮をすり潰しているところらしいです。……いや、もう、ノーコメントでお願いします


さて。

物語の舞台となる江戸時代は、僧が女性を抱くことを罪とする時代でした。しかし快楽に負け女性と交わる僧は後を絶たず、そういった者は「女犯僧」として厳しい罰を受けることになっていました。

その罰とは、

こういった惨めな姿で大衆の晒しものになること。

さらにこれが不義密通であれば、打ち首獄門という非常に厳しい処罰が待っていたのです。

しかし、竜水和尚はこの戒律に反発。

「女犯だと? クソくらえだッ」と、密かに女性を抱きまくります。

……このセリフを叫ぶシーン、ご本尊の眼前で7人の女性と絡みまくっているというあまりにもアレなものだったのでここには載せられなかったのですが、それにしても竜水和尚、もうちょっとTPOをわきまえてほしいと思います。まあ、脳みそと子宮集めているド変態には馬の耳に念仏だと思いますが……。


さて、そんな竜水和尚の裏の姿にまったく気づいていない大僧正が、最近急増している女犯僧のことで相談にやってきます。

「ああ堕落きわまれり……」と涙ながらに語る大僧正。

そんな彼に、竜水和尚は、

「御安心めされよ。今回の不祥事をよき教訓としなお一層の修行に励まねばと決意いたしておりますれば……」

と、笑顔で答えつつ、大僧正の茶の中に錯乱効果のある媚薬をポトリ

何も知らずにこれを飲み干した大僧正は、

正気を失い、近くの墓地へ走っていくと、墓参りをしていた女性を有無を言わせず犯してしまいます。……いやいや! それ、どんな展開だよ! ていうかこの錯乱状態を周りの僧たちも見ていたんだから、誰か墓地に走っていく大僧正を止めろよ!


――ともあれ、当然のことながら大僧正様はあえなく打ち首となり、かくして大僧正の地位は竜水和尚のもとに転がり込んできたのでした。


ついさっきまでは「僧が女と寝てはいけないなんて俺は認めない!」という竜水和尚の主張が物語の主軸だったのに、いつの間にか女犯をうまく利用して大僧正の地位をかすめ取るという話にシフトしていた本作「女犯坊」。精一杯好意的に解釈すれば、女性と交わることを認めない仏門のトップを潰すことで世の中を変えようとしている、ということになるのでしょうか……。だからといってそのために女性一人を犠牲にする竜水和尚の思想にはとてもついていけませんけども。

最後のコマは、

思い出したかのように自らの主張を声高に叫ぶ竜水和尚のどアップで締めとなりましたが、アンタ、世直しするのにどんだけの女性を犠牲にするつもりだよ!


ということで色々とツッコミどころ満載の「女犯坊」。まずもって女性には理解できない漫画ではありますが、これを理解するのは男性でも難しいので、ぜひそのあたりは誤解なきようお願いいたします。

……あ、もうおわかりかと思いますが、今回の画像は何とか掲載できるレベルのものを苦労してチョイスしました。今回は第一話なのでまだ控えめなのですが、今後は下手すると全コマ載せられないレベルの回とかが普通にあります。興味ある方はどうぞ探してご一読を。ただし、当サイトではメンタル面での補償等は一切請け負っておりません



前へ   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事