BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2009年3月29日】

単なるヒモだと思っていたイケメンが本気出してきた件


せっかくイケメンバンクもらったからレビューするか、という安易な気持ちでスタートしたイケメンとの生活も早数ヵ月。

今では立派に我が家のインテリアの一部と化しているわけですが、そろそろいくら貯めたのかも忘れてきましたので、もう終わりが見えてもいい頃かなと思っています。

ということで今回は一挙3話分見ていくことにしましょう。何のことかわからないという方はまずは以下の記事からご覧ください。

関連記事:男だけど、イケメンと同棲することになった
関連記事:イケメンが家出した
関連記事:イケメンとの同棲生活、その後。
関連記事:イケメンとの再会、そして急展開
関連記事:女性の本音、それは「イケメンは何をしても許される」だった!
関連記事:イケメンとの同棲生活改め、「イケメンとの監禁生活」スタート!
関連記事:「イケメン×ツンデレ=最強」の法則!
関連記事:だんだんと際立ってきたイケメンの異常性
関連記事:イケメンに学ぶモテの極意〜スクリーンセーバーで会話編〜
関連記事:中二病が発覚したイケメンとの、楽しい同棲ライフを再開するよ

ええと、前回は主人公が食料の買出しに行こうとしたところ、タキCに「信用できない」と言われ、結局一緒に買い物に出かけたところまででしたね。タキC、何か心に傷でも持っているのでしょうか……。いやもしかすると「心に傷」→「私が癒してあげなきゃ!」というイケメンの悪知恵なのかもしれませんけど。ちなみに非イケメンが「心に傷がある」素振りを見せるのは単に面倒くさい男扱いされることになるのでお勧めできません。

「お野菜に、お米に、飲み物に、お菓子♪  いっぱい買っちゃったなー」

久しぶりの外出だったから、つい買いすぎちゃったかもしれないけど …いいか♪

「ニモツをこっちに」
「え?」

ひょい、とタキCがあたしの買ったニモツを受け取る。

「オンナのコにこんな重いニモツをもたせるわけにはいかないな」

いいのかな……? あたしとは違って、タキCは軽々とニモツを持っ てる。

「タキCって、意外と優しいんだね」
「どうやら、優しくないと思われていたようだな」
「あっ!」
「…ぶっ…、そのカオ」
「笑うことないでしょ!」

文句を言ってみるが、タキCは楽しそうに笑ったまま。

…んもうー!

タキCが本気を出してきました。

これまでの言動からは想像もつかない気配りをいきなり見せ始めたタキC。その効果は……最後の主人公のセリフ「んもうー!」を見れば一目瞭然ですよね。この主人公、完全にタキCにイカれちまいやがった……!

しかしよく考えてみればタキCがやったことは主人公の荷物を持っただけです。そんなの普通に考えればごく当たり前の行為なのですが、なぜかこれをタキCがやると「意外と優しいんだね」となる事実! これは要するに、「映画版ジャイアン現象」ですね!

※映画版ジャイアン現象とは・・・普段嫌なやつがたまに優しい一面を見せると、そのギャップで好感度が急上昇する現象のこと

そして極めつきは「…ぶっ…、そのカオ」という、普段はめったに見せない無邪気な笑顔! こういう普段とのギャップをちょこちょこ挟むことが重要なわけですね! なるほど勉強になりますタキCさん!

イケメンに学ぶモテ講座1:
普段とのギャップをうまく使って優しさを演出


それにしても、重いニモツを持っているのに、タキCは平気そう。

「タキCって、インドアの生活をしてるのに、力持ちだね」
「カラテをしていたからかな」
「それってやっぱり、自分を護るため?」
「いいや。愛するヒトができたときに護れるようにだ」

大人のオトコのヒト……なんだな。

「そこ、道が悪いから気をつけた方がいい」
「あっ…うん」
「ああ、ほら、危ないと言ってるだろう!」

タキCが、あたしの腕を引いて、歩く場所を替わってくれる。

ううー。ちょっと、ドキドキしちゃったかもしれない!

ハイ落ちた! 今主人公落ちました! 超簡単に陥落しました! イケメンパワー強えー!

なんかもう、タキCの「ニヤリ」という不敵な笑みが目に浮かぶようです。

……だいたいですね、皆さん言えますか?

「愛するヒトができたときに護れるようにだ」

とか、そういうセリフ! こういうのをさらっと言えることがモテの秘訣なわけです。

僕は無理! もうこんなセリフ、頭で考えただけで照れくさくて不可能! そんでたぶん無理して言おうとして、噛むね!

「愛するヒトができたときにミャモれるようにだ」

とか大事なところで噛んで台無しにしてしまうと思う!

というかその前にカラテとかやったことないけど!


イケメンに学ぶモテ講座2:
クサいセリフをここぞという時に噛まずにキメる。あとカラテ。


お買いものの帰り道。商店街を歩いていると突然、タキCが立ち止ま った。

「あ…」
「どうしたの?」

本屋さんの前?

「もう発売してたのか…」

タキCのことだから、経済学とか難しい本かな?

「どんな本?」

興味が湧いて、タキCの視線の先を見る。

「…え?」

少年マンガ?

「タキC、マンガなんて読むんだ」
「あっ…キミもいたんだなっ」

珍しくタキCが慌てた様子を見せる。

「これは別に気にするほどのものじゃない。毎回買っているわけでも ないし。すぐに読みたいわけじゃないから」

…読みたいんだろうなぁー。

「1冊くらいなら買っても構わないよ」
「…いいのか?」
「いいよ♪」
「じゃあ、このタナに出てるシンカンを全部…」
「1冊だけだってば!」

タキCは、ちょっと残念そうだったけど、一番欲しいものを選んで買 っていった。

…タキCの足取りが少しだけ早くなっていたのは、気がつかなかった フリをしてあげよう♪

……ハイ、なんかもう単なるノロケが始まってしまってだんだん読むのがしんどくなってきたんですけど、ここでもイケメンのテクが炸裂していますので見ていきましょう。

まずは、大人っぽいイケメンが実は少年マンガを読む、という意外性のテクニック。先ほども解説した「ギャップの魔力」ですね! さらに少年マンガという小道具がまたちょうどいい感じに「少年の心を忘れない大人」を演出しているところも高ポイントです。

これが主人公の予想通り経済学の本だと意外性がないので印象に残りませんし、かといってマニアックすぎると今度はドン引きされて逆効果になってしまいます。確かに恋人の部屋に入って本棚に「宇宙からの医者」とかあったらリアクションに困りますもんね。よし、隠そう。


イケメンに学ぶモテ講座3:「少年の心を忘れない大人」を演出する


……ということで今回はタキCがこれまでになく本気を出してきた回となりましたが、いかがだったでしょうか。個人的には漫画ぐらい自分で買えや、と思うのですが……タキC、本当に仕事してるの? 主人公がパソコンに詳しくないのをいいことに、毎日ニコニコ動画ばっかり見てるんじゃないの?

さすが500円くれなかっただけですぐ家出する男はヒモとしても高レベルだわ……と思ったのですが、今回はタキCさんのモテテクを学ばせてもらったのでこれ以上は言いません! また次回!



前へ   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事