BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2009年4月17日】

最近の下着業界にはそろそろ一言いっておかねばなるまい


今日は下着の話なんでちょっとシモ寄りになってしまうと思います。あとちょっとテンションも高めです。「そ、そんなお下品な話題……このサイトの品位が問われますことよ!」とか、「お願いだからサイト上だけではジェントルメンの仮面を被っていてほしい」という方は、今日の記事は見なかったことにして、また明日お会いしましょう! まあうちの品位なんてキッズgooに表示されなくなってしまったときからないも同然なんですけどね!

んで、本題ですけど、そう、下着です。パンツとかショーツとか、あるいはおパンティとか呼ばれるあれです。


今日、こんなニュースが報道されました。

リンク先が消えている可能性もあるので後から見た方のために内容を引用しつつご紹介していきます。

おならのにおいを消すパンツを福井市の繊維メーカー「セーレン」が発売した。糸に織り込んだセラミック粒子と金属イオンがにおいを吸着・分解するという。

介護現場からの要請を受けて開発。30秒間でにおいの80%を消す効果がある繊維とか。一般向けは通常のパンツと変わらないデザインだ。

男性用4800円、女性用5800円。ただし、「音までは消せません」と担当者。購入は同社のサイト(http://www.inodore.jp/)で。

――asahi.comより(強調は当サイトによる)

……ということで、まさかのオナラの臭いを消すパンツの登場です。

いやね、コンセプトはいいと思うんですよ。確かに密集した中で思わずしてしまったオナラの臭いってすごく気になりますもんね。「バレたらどうしよう……」と思い悩むのは精神衛生上も大変よろしくないですし、特に女性はそうでしょう。

ただね、僕が気になるのは果たしてこのパンツを買える女性がいるのか、ということなんですよ。女性の気持ちなど微塵も理解していない僕が言うのも何なんですけど、このパンツを買うってことはつまり、「わたし、自分のオナラの匂いを気にしてます」って宣言してるようなものじゃないですか。まあ人に見せるものじゃないんで、要するに自分の心の中にいるもう一人の自分とのプライドをかけた戦いなわけですけど、そのへんって気にならないものなんでしょうか。

これ、たとえば男性に例えますと、男性の大事な部分――直接的な表現は品位を大事にする当サイトにはふさわしくないので、「おマラさん」とでも可愛らしく表現して書きますけど、つまり“はくだけで「おマラさん」を大きく見せられるパンツの登場です!”とか言われているのと同じことではないのでしょうか。

確かに「おマラさん」は大きい方がいいかもしれません……。ですが! 「おマラさん矯正パンツ」を購入するということはつまり、「ぼく、おマラさんに自信がありません」と宣言しているようなもの……! それは断じて避けたい! 誰かに見せる予定がまったくないのが悲しいところですが、でもお天道様と自分の中の冷静な自分にだけは嘘はつけないのです。たとえ自信がなくても、認めたくはないのです……それは男の悲しいサガなのです……。


――まあでもよく考えたらTPOで下着を使い分ければいいだけですね。さすがに健康診断とかで脱ぐ予定がある日におマラさん矯正パンツは、死んでもはけません。


……ところで、最近の下着業界はオナラ消臭パンツに限らず、斬新な商品を次々と発表しているようです。

たとえばワコールの子会社であるウンナナクールから発売されている“女性用ふんどし”。その名も「ななふん」。これが流行っているらしいのですが……マジで?

なんかどこかのニュースサイトで読んだ記事には、

女性がふんどしをつけてもいいじゃないか。現代は男性と女性が逆転している時代なのだから。

みたいなことが書かれてあったと記憶しているのですが、そもそもふんどしは男も付けてませんが……。

でもひょっとしたら、10年ぐらい先の未来ではふんどしが超オシャレなアイテムになっていて、「FUNDOSHI」とかいうファッション誌が創刊されていて、「今日はカレとの楽しいデート♪ 勝負下着は……もちろんふんどし☆」みたいな世の中になっているのかもしれませんね!


そうした常識にとらわれない下着の流行は、男性用にまで及んでいます。

たとえば、昨年末にインターネットに衝撃を与えた商品が、メンズブラ

男性用のブラジャーというある意味画期的な商品で、ネットでは「誰がつけるんだよこれ」と総ツッコミを食らっていましたが、どうやらかなり売れているらしく、販売サイトでは長いこと売り切れが続いていました。

ちなみに商品の紹介文には、

こんなときはメンズブラ

男だって女性の気持ちが知りたい!
気持ちを引き締めたい!
体は男だけど…でも気持ちは乙女な男子!
やさしい気持ちを思い出したい♪
胸のサポートがほしい!
理由はきっといろいろあるけれど
一番大切にしてほしいのはやさしさ。

何をもって“こんなとき”なのかはさっぱりわかりませんが、どうやら「男がブラジャーをつける」=「女性の気持ちがわかる」=「やさしい気持ちになれる」ということらしいです。……正直、僕がブラジャーをつけても女性の気持ちはわからないし、優しい気持ちにもなれないと思うのですが、そこはツッコんではいけないところでしょうか。

ともあれ、この商品が流行っているということは事実みたいですので、女性の皆さんにおかれましては、彼氏の部屋で見知らぬブラジャーを発見したとしても、浮気を疑う前に「そのブラは彼氏の私物である」という可能性を考えていただければな、と思います。


前へ   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事