BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2009年7月29日】

ヘタリアで有名な“座ったら死ぬバズビーズチェア”を実際に見てきた



イギリスに住んでいる妹からチャットでちょいちょい現地の話を聞くのですが、今回は「ヘタリア」というWeb漫画のキャラソンに登場する「バズビーズチェア」実際に妹が見に行ってきたらしいので、その旅の模様をお届けしようと思います。

バズビーズチェアって聞き慣れない名前かもしれないけど、「座ると死ぬ」というオカルトな噂がある結構シャレにならない椅子らしく、今はサースクという町の博物館にひっそりと収められているのだとか。

過去に取材が入ったことはあるらしいですが、基本的に博物館内は写真撮影禁止なのでもし行かれる方がいたらご注意を。今回は正式に依頼して許可を得て撮影しています。

ということで、ここからは妹の撮ってきた写真とチャットのログを使いつつご紹介していきます。

「イギリスの駅って柱とか全部こんなかっこいいの?」

妹「全部ってわけじゃないけど、結構そういうのあるよ。ハリー・ポッターの映画に出てくる駅のモデルもちゃんと実在してるし」


「これって車窓からの景色?」

妹「ヨークからサースクへ行く途中でね。今回の目的地はサースクだから」

「地元に帰省するのに電車乗ってるとこういう景色見るよな」


「DangerとかCautionとか注意書きがやたらベタベタ貼ってあるけど」

妹「実はこの窓、開きっぱなしだから」

「閉めろよ!」

妹「できたのかなー……そのへんよくわからないんだよなー。最初から開いてたから、そういうもんなんだと思って。めっちゃ風吹き込んできてた」


「電車が黒くてかっこいいな」

妹「電車が2種類ぐらいあって、こっちの黒い方が安いけど本数が少ない。電車で思い出したけど、イギリスで日本といえば新幹線みたい。毎回日本人って言うと『OH! SHINKANSEN!」って言われる」


「一番上の看板、『Center』のつづりミスじゃないの?」

妹「いや、イギリスでは『Centre』って書くのよ」


妹「ここが目的地の博物館ね」

「ここに座ると死ぬバズビーズチェアが……ゴクリ」


妹「これがバズビーズチェア」

「おおおおお! ……なんだ、思ったより普通の椅子だな。もっとこう、座る場所に剣山的なものが乗っかってたりするのかと思った」

妹「それはただの危ない趣味の椅子だから! ……ここは小さい博物館なんだけど、クリケットで有名なトーマス・ロードっていう人がサースクの出身なんで、その人の使っていた道具とかトロフィーとかも置いてあったりする」

「ちなみにその椅子って、なんでまた座ると死ぬとかいう話になったわけ?」

妹「ええとね、1702年にアル中のバズビーっていうオッサンが義父を殺害して絞首刑になったのね。で、バズビーズチェアっていうのはバズビーのためにキルバーンって人が作った椅子」

「そういう名前の人が昔ドラクエの漫画にいたような気がする」

妹「なんか言った? まあキルバーンはどうでもいいんだけど、そもそもなんでバズビーが義父を殺したかっていうと、バズビーと妻の結婚に妻のお父さんのアンティが反対してたから。バズビーはアル中の上にほとんど働いてなかったみたいだし、そりゃ反対もするよね」

「アル中でニートってだめんずとして最強すぎるだろ……。ていうか妻がバズビーのどこに惚れたのかが気になるわ。やっぱ顔か? 顔なのか?」

妹「とうとうアンティにキレたバズビーは彼を絞殺するんだけど、あっさりバレてお縄に。死ぬ前にバズビーは自分の椅子に座るすべての人間に災いあれと願って逝ったらしい。現にその後4人が椅子に座ってすぐ急死。それ以来バズビーズチェアは呪いの椅子として決して誰も座れないようにこうやって吊されているというわけ」

「……なんか聞いてるとバズビー、ひとつもいいところないな。死んでからも迷惑かけっぱなしとか、ただのダメオヤジだろ」

妹「ちなみに過去に日本からTVの取材が4回来たらしいよ」

「へー。で、お前は座ってきた?」

妹「座るわけないじゃん!」

「そこは座っとけよ!」

妹「いや無理だから! とてもそんなこと言える雰囲気じゃないから!」

「……というかイギリス人はその話、信じてるん?」

妹「それ気になったから館長に聞いてみたんだけど、そしたら『信じてる人はいっぱいいる』って。でもすごく古い話だから、信じるかどうかっていうのは超常現象を信じるかどうかぐらいのレベルの話なんだって」

「ほー」

妹「で、バズビーズチェアに興味を持っている日本人に向けてのコメントも館長さんからもらってきたから紹介しとくね」

You must hear the story, know what is fact and what is legend and ultimately you must make up your own mind.

「なんて書いてるん?」

妹「……適当に訳すけど、ようするに『この話を聞いて、何が真実で何が伝説なのか、最終的にはあなた自身が判断するんだよ』みたいなことかな」

「なるほど」


……ということで特別に撮影をお願いした割とレア(?)なバズビーズチェアの写真のご紹介でした。

妹が動画版も作ったみたいなので、よかったらそっちも見てね。




【ニコニコ動画】ヘタリアで有名な“座ったら死ぬバズビーズチェア”を実際に見てきた

ニコニコ動画のアカウントをお持ちの方は↓こちらからぜひコメントしていってください。



関連記事:デートでの割勘はあり? なし? 妹に女性としての本音を聞いてみた

関連記事:世界一美しい町チェスキー・クルムロフに行ったら、危うく帰れなくなるところだった話。



このエントリーをはてなブックマークに追加


前へ
   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事