BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2011年5月20日】

メンズナックル風キャッチコピーを作るための10のポイント




ネットに詳しい方ならご存じかと思いますが、ちょっと前にメンズナックルというファッション誌がブームになったことがありました。
といっても別にカッコイイ! とか、オシャレ! とか、そういう流行りかたではなくて、ファッションスナップに添えられているキャッチコピーがなんかスゴイぞ、という話題で盛り上がったのです。
具体的にいうと、

mc2


こういうのとか、

mc3
こういうのです。

……で、どうやらそのメンズナックルには姉妹雑誌として「メンズスパイダー」「ホストナックル」という雑誌が存在し、そちらも相変わらずキャッチコピーがスゴイということでこちらのページにまとめられていました。

一目見て吹き出してしまったのですが、しかしなんだかんだでここまで人を惹きつけるのというのは実はものすごい技術なんじゃないだろうか、とふと思いましたので、ちょっと今回はこのメンズナックル風キャッチコピーの名付け法について、皆さんと一緒に勉強していきたいと思います。

この記事を読み終える頃には、皆さんもメンズナックルに負けないキャッチコピーが生み出せる……ようになっているかもしれません!

さて、ではパターンごとに解説していきましょう。

まずこちらから。


パターン1
【誰かを褒めると見せかけて、結局自分を褒める】

mc1出典 高太(メンズスパイダー)
こんな俺様をDROPした母親に本気リスペクト!

一見すると母親を褒めているように思えますが、よく読むと母親をリスペクトしている理由は「こんな俺様をDROPした」からであり、つまるところこのキャッチコピーが一番言いたいのは「俺スゲェ」ということになります。この回りくどく自分を褒めるパターンは様々な場面で応用が利きそうですので、まず第一に覚えておくべきでしょう。


パターン2
【堂々とホラを吹く】

mc4 出典 竹川祐亮(メンズスパイダーVol.7)
数多のセレブに俺の着こなしをパクられたよ

mc26
出典 K(メンズスパイダーVol.1)
戦場で戦う兵士の気持ちが、オレにはわかる

mc27 出典 マサカズ(メンズスパイダーVol.1)
オレには100%女を落とせる超能力がある

mc5 出典 リョウ(メンズスパイダー)
YES WE CANをアイツに教えたのは俺だ

ポイントは“堂々と”という部分。おどおどするのではなく、自信を持って、自分自身に暗示をかけるくらいのつもりで堂々と言うことで、「明らかに嘘なんだけど、それくらい自分に自信を持ってるってことなのね! 素敵!」と思わせましょう。逆に明らかに嘘だとわからないような微妙な嘘をつくと色々ややこしいことになる可能性があるので、これ以上ないくらいにデカい嘘にしておくのがコツです。


パターン3
【前提にする】

mc6 出典 ホストナックルVol.3
なぜ天は俺という男をエコヒイキするのか…?

mc7出典 ホストナックルVol.3
さて。気が付けば俺の時代が来たわけだが。

mc15 出典 ゆーたんたんめん(メンズスパイダーVol.5)
街中で噂のクールワイズメンとは俺のこと

mc16 出典 阿散井恋次(メンズスパイダーVol.5)
至極の人生に達したのは・・・生まれつきかな

mc23 出典 巧輝(ホストナックルVol.2)
朝までに何回KISSして欲しいか決めとけよ

「オレはこんなにすごい」とか「●●してやるぜ」という部分を前提にして物事を語ることで、あたかもそこについては揺るぎのない事実であるかのように錯覚させるレトリック。たとえば上記のキャッチコピーでいくと、1番目は「天が俺をえこひいきしている」ことを、2番目は「俺の時代がきた」という部分に関して、3番目は「街中でクールワイズメンが噂になっている」ことを、「まあそれはみんなも知っての通りだが」くらいのニュアンスで語っていることがわかりますし、最後の「朝までに何回KISSしてほしいか」には「KISSすることは当然として」というニュアンスが盛り込まれていることがわかります。なお、この前提部分については、なるべくさらっと流して言うのがポイントです。


パターン4
【意味がわからなくてもいいので、とにかくなんか凄そうな単語を混ぜる】

mc8 出典 メンズスパイダー
かつて勾玉に封印された俺の魂が解き放たれる

mc12 出典 ホストナックルVol.3
闇より深い夜をまとった夢幻紳士の参戦

mc17 出典 ホストナックルVol.2
この身に宿した前人未踏の快楽領域

「勾玉」とか「夢幻紳士」とか「前人未踏」とか、意味不明でもいいのでなんか凄そうな雰囲気が漂う単語をとりあえず混ぜとく手法。別名“中二病”


パターン5
【意味がわからなくてもいいのでカタカナ言葉を使う】

mc10 出典 しばさき こう(メンズスパイダーVol.5)
俺というエルニーニョが異常気象を誘発する

mc9 出典 ホストナックルVol.3
メタファーの魔術師が魅せる艶密な佇まい

mc11 出典 Romi(ホストナックルVol.2)
世界を包むオレ色・虹色・エンデバー

mc13 出典 れんじ(メンズスパイダーVol.5)
身をゆだねればヘヴンへエスコートするぜ

mc14 出典 よし(メンズスパイダーVol.6)
またハードラックとダンスっちまったぜ!

これが一番よく見られるメンナク的キャッチコピーのパターンであり、いわば黄金パターン。その根幹にあるのは「カタカナ言葉はなんかすごそう」というイメージであり、発想としては先ほどの「なんかすごそうな言葉を混ぜる」に通じるものがあります。要するにこれも中二病の一種。


パターン6
【理由もなく挑戦的】

mc18 出典 MIU-G(メンズスパイダーVol.1)
オレの心を奪いたいなら、死に物狂いで来な

mc19 出典 マー(メンズスパイダーVol.1)
このオレと対等に話そうったって無理だぜ

何に対して挑戦的なのかはさっぱりわかりませんけど、なぜかそういう口調を使うのもテクニックの一つ。有無を言わせない口調により「オレすげぇ」感を演出できる……のかもしれません。


パターン7
【名言や定型句をもじる】

mc20 出典 二条享祐(ホストナックルVol.2)
オレを構築する99%の才能と1%のカオス

mc21 出典 ホストナックルVol.3
一身上の都合によりこの世界のトップ貰います

mc22 出典 ☆福タロー(メンズスパイダーVol.5)
俺は女にかけては必殺仕事人

名言や定型句をもじることで「うまいこと言った」感を醸し出すキャッチコピーの常套手段。そこに自画自賛エッセンスを加えれば、あら不思議! メンナクコピーの一丁上がり!


パターン8
【押し付ける】

mc24 出典 メンズスパイダー
俺のブロマイド、送っといてやったぜ

mc25 出典 拓哉(ホストナックルVol.2)
100回愛を囁いた後は、1万回抱いてやる。

とにかく自分に自信を持っているということを表現するために、相手に何かを押し付ける。押し付けるものは自己愛が表現できていれば何でもいいが、本当に喜ばれるものをあげるのはキャッチコピーとしてインパクトがなくなるので、基本的には迷惑なものを押し付けるのがポイント。「前提にする」の応用編。


パターン9
【何も思い浮かばなくてもとりあえずひねり出す】

mc30 出典 AYTE(メンズスパイダーVol.6)
ルールルル、怖くないよ・・・おいで、子猫ちゃん

mc31 出典 柏原勝哉(ホストナックルVol.3)
ちなみに伯爵はバロンより格が上だ

いくらメンナクのスーパーコピーライターといえども、何も思い浮かばないこともあるはず。しかし締切りは待ってはくれません。そんなときは、意味はわからなくてもいいので何かしらひねり出しましょう。上記の二つに関しては「ちなみに伯爵はバロンより格が上だ」は何一つ写真の彼と関係のないただのトリビアですし、「ルールルル」に至っては完全に徹夜明けのテンションです。


パターン10
【「これ無理だろ……」と思ってもがんばる】

mc28 出典 哲平(メンズスパイダーVol.1)
神の視点でしかオレを理解できないぜ

mc29 出典 鯖(メンズスパイダーVol.2)
これが人間を超越した先にある奇跡の世界だ

……そもそもなぜこの二人がファッションスナップに採用されたのかがわかりませんが、どんな無茶ぶりにも応えなければならないのがコピーライターの宿命です。これまでのテクニックを組み合わせて、がんばってください


関連記事:リア充雑誌「ゲイナー」の恐るべき破壊力
このエントリーをはてなブックマークに追加


前へ   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事