BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2012年2月20日】

コピー能力者の登場で新テニプリが色々とややこしいことに




気がついたら2月が終わりかけていたので、我に返ってジャンプSQ3月号より新テニプリレビュー書きます!

えーと、先月までの話は前回の記事を読んでいただければと思うのですが、長かった試合前夜編も終わりを告げ、ようやく本番、すなわち中学生テニプリメンバーVS海外遠征組の試合が始まったのでした。

その第一戦、中学生側から出場するのは、


手塚と跡部のペア……。

ではなくて、


手塚にイリュージョンで変化した仁王でした。

……前回の記事の最後で同じことを書いたのですが、大事なことなのでもう一度書かせていただきます

仁王の「イリュージョン」とは、
他人のプレイスタイル・超高等テクニックをほぼ完璧に模倣して自分のものとする「イリュージョン」の使い手で、関東大会決勝戦D1時はペアの柳生に変装して入れ替わり、対戦相手の大石・菊丸ペアを混乱と絶望に陥れた。 全国大会決勝では手塚のプレイスタイルをコピーし、変装せずとも周囲に自らを手塚の幻影に見せてしまうほどの本気のイリュージョンを展開。
――Wikipediaより
ということで、要するに「他人のプレイスタイルや技を完璧に真似することで、あたかも仁王がそのプレーヤーであるかのように錯覚させる技」なわけです。

……ここで、プレイスタイルをいくらコピーしたところで姿形まで錯覚させるのは無理だろーが、などというツッコミは、もっともではありますが、すでに数年前に全テニプリストが通過した道であり今さら感満載ですのでグッと我慢していただくとして、


それよりも僕としてはまだ試合をしていない(=プレイスタイルを模倣していない)にも関わらず、


審判ですら手塚と錯覚するほどそっくりに手塚に化けているという点については、それはもうイリュージョンっていうよりも変装、あるいは魔法の類だろ、と指摘せずにいられないわけですが、

しかしながらこの仁王・跡部ペアを周囲で見ている中学生組が、


なんかもう完璧にだまされきっており、あの皇帝・真田ですら「手塚と跡部のダブルス、一見の価値はありそうだな」などと超クールな表情で言い出す始末。


そんな中、冷静に事実を指摘していたのはテニプリキャラ中でもっとも空気を読まないリョーマだけでした。いいぞリョーマ! もっと言ってやれ!

さて、そんなリョーマのツッコミ面での孤軍奮闘にも関わらず、すっかり「手塚・跡部ペア」として進行していく何ともモヤッとした感の残る第一試合。

対戦相手の海外組は、


毛利(右)と越知ペア。

両者とも長身であり、特に越知先輩は驚きの身長226cm。その長身から繰り出されるサーブのスピードは凄まじく、跡部と手塚……じゃなかった、仁王はいきなりの苦戦を強いられることになります。


何しろ気づいたときにはもうボールが後ろに転がっているんだから、どうしようもありません。

五感を壊したり、ボールがガットを貫くほどの威力を持っていたり、対戦相手をフェンスに磔にしたりと、いったいどこまでテニスの解釈を広げるんだろうと読者として心配になるほどバラエティに富んだ技が登場してきたテニプリですが、ここへきて最強の海外遠征組が示した答えは「とにかく速いボールをたたき込む」という超シンプルなもの。

読者の誰もが忘れていた、「テニスとは相手のコートにボールを打ち込むスポーツである」という真理を思い出させてくれた海外組に、我々はもっと感謝すべきではないでしょうか。

そんな感じで、越知先輩のビッグサーブ「マッハ」に苦しめられる跡部・仁王ペアですが、しかしここで終わるわけにはいきません。

何と跡部が越知先輩のサーブを返球することに成功します。

その秘密はもちろん、


相手の骨まで透視する驚異的な眼力、インサイト!

かつてこの技が披露されたときには、「もう何がきても驚かないぞ」と決意していたはずのテニプリ読者をあっさりと阿鼻叫喚の渦にたたき込んだものですが、そのときだけの一発ネタではなく再びこうして披露されるとは……。

ただ、野暮を承知で言わせていただくなら、骨まで透けて見えるということは跡部の目からは何かX線的なものが放射されているということですので、早急に病院で診てもらうことを勧めたいです。

ということで何だかんだで海外遠征組と互角の勝負を展開する跡部・仁王ペア。

手塚の技をほぼ完璧にコピーし、もはや便利な代替キャラとしてのポジションが板に付いてしまった仁王は、今後“仁王として”の存在感を発揮できるのか。


最後のページでは審判も完璧に「手塚・跡部ペア」って言い切っちゃってるけど、がんばれ仁王!

というところで来月に続く!



…… あ、そうそう、

乾は小さいコマでポツリとボケるのやめてください! 拾いきれないから!


関連記事:新テニプリ、最終決戦を目前にキャラ崩壊が進行中!

このエントリーをはてなブックマークに追加


前へ   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事