BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2009年1月18日】

世にも奇妙な「妄想CD」の世界を全力でレビュー



先日、「妄想ボイスCD」を紹介する記事を書いたところ多数の反響をいただきました。

その多くは「こんなCDもありますよ!」という僕の知らない世界への招待メールだったのですが、せっかくなのでご紹介いただいたCDと、前回精神的な問題によりご紹介できなかったCDのすべてを、全力でレビューしてみようかと思います。なおリンク先は公式サイトになっておりますので、Amazon等で購入される方は検索してみてください(すでに販売終了しているものがあるかもしれません)。


前回紹介したCDもついでに入れておきますので、「まとめ」として参考にしていただければ。

ではどうぞ!



乙女に捧げる告白CD

カオス度:★★★☆☆

文科系高校生、エリートサラリーマン、戦国武将など、様々な属性を持つイケメンたちがひたすらリスナーに向かって告白してくるという一部の人々にとっての夢のCD。収録されたセリフは、戦国武将なら「いくさから戻ったら一緒になろう」、ヴィジュアル系バンドマンなら「俺のなくした片方の翼になってくれ」など個性豊かなものばかり。なぜか公式サイトの“王子様”の顔がムカついて仕方がないのですが、セリフも「僕の白馬に乗らないかい。夢の国に連れて行ってあげるよ」とちょっと上から目線なのが、さらに僕の神経を逆なでしてきやがります

 


腐女子に捧げる告白CD

カオス度:★★★★☆

先ほどリスナーに向かって告白していた男性陣が、今度はお互いに向かって告白を始めるというカオスな内容のCD。同じキャラなので、続けて聞くとさらにカオス度がアップします。“戦国武将と王子様”など、時代や地域を軽く飛び越えたカップリングが楽しめる……らしい。ところで、気になるのは先ほどから僕を苛立たせてくる王子様のセリフですが、たとえばスポーツマンと組み合わせなら「練習だ!明日のために10キロ走ろうぜ」「僕そんなに走ったら死んじゃうよお〜」と、やっぱりちょっとイラッと来る感じでした。

 


羊でおやすみシリーズ

カオス度:★☆☆☆☆

シリーズ化もされている人気のCD。内容は声優が羊をひたすら数えていくというもので、安眠効果がある……らしい。公式サイトによると「全400頭の羊の数を一匹から順番に400匹まで数えています〜☆ 当初500匹〜1000匹を想定していたけど、CDのようりょう?の問題で400匹になちゃったみたいだよ。」とか、「う〜ん、正直に言うと人によって(効果は)違うみたいで「絶対に眠れる!」とは言えないみたい…眠れなかったらごめんなさい(涙)」など、ものすごく正直に書いているところに好感が持てます。

 


強烈若様

カオス度:★★★☆☆

タイトルだけだといったい何のことかさっぱりわかりませんが、実はネットでも大人気の声優・若本規夫の喋りが堪能できるCDです(銀色バージョンもあり)。“若様”ってそういうことかよ! ……収録されているトラックリストを見ると、「若様と釣りデート」とか「堂々とエロ本が買えない君!!」とか、「アイスクリームは一日一個までって言っただろうがぁ食べすぎな君へ」など、かなりぶっ飛んだ内容ばかり。でもこれこそが正しい若本規夫の使い方だと思います。

 


プンケルD

カオス度:★★☆☆☆

何かと何かを足して2で割ったような、いろんな意味でギリギリのネーミングがポイント。公式サイトによると、「無理をし過ぎたり、やる気が出ないといった症状のあなたの心に”ドカン”と厳しい一言で叱咤激励することで気合いを注入する”心の処方箋”です」と、だいたい想像した通りの内容になっていました。

 


佐藤さんCD

カオス度:★★★☆☆

その名の通り、全国約200万人の佐藤さんに向けて製作されたCD。“佐藤”という苗字を持つ人であれば、声優が自分に向かって話しかけてくれているような錯覚に陥ることができるという、「その発想はなかったわ!」と膝を打ちたくなるようなコロンブスの卵的企画。同様に「鈴木さんCD」「高橋さんCD」など、全国の苗字ランキング上位に入る姓のCDが発売が決定しているようです。

実は僕は昔、学生時代に佐藤さんという女の子が好きだったことがあり、友だちにそれを言ったところ、「佐藤さんのためのBGM」というCD(これとは別物)をプレゼントされたことがあったので、この手の企画を見るとちょっと古傷がうずくというか……。ていうか今思い返すと、あのCDは僕が佐藤さんにプレゼントすべきであって、友だちが僕にくれるのはおかしくないかい……?


告白CD

カオス度:★★☆☆☆

妄想系CDの中では、まだしも趣旨が理解できるコンセプトの商品。内容も比較的普通で、「愛してます」とか「好きです、付き合ってください」という耳がかゆくなりそうなセリフを自分の好みに合わせて12人の声優から選んで告白してもらえます。さらにナース、女教師などシチュエーションも様々とのこと。……映像のないAVだと思えばまあ納得できなくはないのですが、とはいえおそらく親御さんに見つかるとAV以上に気まずい空気になると思われますので、学生の皆様におかれましてはやはり十分に注意されたほうがよろしいかと思います。

 


ありえない告白CD

カオス度:★★★★☆

……同じ告白CDでもこっちは危険度がさらに120%増しになっているので、より注意が必要です。公式サイトによると、「ありえない告白…それは誰も想像できない未知の領域。(バナナを食べながら)「結婚してください」、(崖から落ちながら)「今週末デートしてくれない?」、(走りながら)「愛してる」など、ありえないシチュエーションでの告白のみを収録したボイスCD」とのことで、いったいこのCDが誰を幸せにするのか真剣に悩んでしまう逸品となっています。

 


おにいちゃんCD

カオス度:★★☆☆☆

リアルに妹がいる身としてはこれほど心惹かれない商品もないわけですが、多くの男性から根強い支持を集める「妹萌え」の集大成とも言えるCD。妹との様々なシチュエーションでのセリフを収録していますが、そのすべてに必ず「おにいちゃん」というセリフが入っているあたり、製作者のこだわりを感じます。

ちなみに公式サイトによると、「どしゃぶりおにいちゃん」というシチュエーションでのセリフは「もうびしょびしょだよ〜おにいちゃん」となっており、この需要にしてこの供給あり、と言いたくなる完成度を誇ります。

 


おねえちゃんCD

カオス度:★★☆☆☆

妹ときたら……やっぱりありました。おねえちゃんCD。内容は妹編をそのまま持ってきた感じですが、タイトルの付け方が微妙に違うのがミソ。「おとうとCD」ではダメなのでしょう、たぶん。

ちなみに収録トラックには「ブルマおねえちゃん」という、どう考えてもアウトなボイスが入っており、そのセリフは「んんん〜、おねえちゃん重くて持ち上がらないわ」という、別にブルマとは一切関係のないものになっています。

 


目覚ましCD

カオス度:★★☆☆☆

「どうせ朝起きるならかわいい女の子の声で起こされたい」という、日本が平和であることを象徴するかのような欲望から生まれたCDがこちら。公式サイトの使用方法のテキストを見ると、「“おはよう”とともに”おっき”しましょ!」となっており、その言い方に何か違う意図を感じるのは僕だけじゃないはず……ですよね?

 


添い寝CD

カオス度:★★☆☆☆

目覚ましと対になっているのがこの「添い寝CD」。個人的にはこちらの方が「目覚まし」よりもニーズとしては理解できます。……が、セリフ例として公式サイトに出ている「一緒に寝てあげるね」「心臓の音が聞こえるよ」あたりはまあいいとして、「ギュルギュル音がする・・・」というのはこれ、もうちょっと他に何かなかったのでしょうか

 


委員長CD

カオス度:★★★☆☆

10人の委員長キャラが委員長っぽいセリフを話すという、委員長好きにはたまらないCD。ただ僕は恥ずかしながら委員長好きというジャンルにCDになるほどのニーズがあることをまったく知りませんでしたので、大変勉強になりました

10人のキャラはそれぞれ異なっており、「生徒会長」や「風紀委員長」などがあるわけですが、「学級委員長」と「副委員長」というのはいったいどのようにキャラ分けされているのかとても気になります。それ、もはや制作者の気持ちの問題じゃないですか……。

 


おしかりCD

カオス度:★★★★☆

公式サイトによると、「社長、部長、管理職、先生など普段叱られない人、本当は叱られたくてたまらないM男君に捧げる愛のおしかりCD。」となっており、ストレスがたまった現代人の最後のオアシスと呼べるかもしれないマニアックなCDがこちら。残念なことに僕は普段から叱られっぱなしなので何でわざわざお金出してまで叱られないといけないのかこれっぽっちも理解できませんが、まあ世の中には夜な夜なSMプレイに興じている大会社の社長もいると聞きますし……確実にニーズはあるのかもしれませんね。

 


必殺技CD

カオス度:★★★★☆

タイトルだけ見てもほとんどの方は理解できないと思われますが、「どおぉりやぁぁぁ!」「えいっ」「奥儀、究極ど級アタッーク!!」 など、48の必殺技を7人のキャラクターが叫ぶというただそれだけのCD。キャラはもちろん全員女性で、「女騎士」「女武闘家」といったRPGではおなじみの職業から、「戦闘メイド」「ネコ耳娘」などのニッチなところまでしっかりと押さえています。……というか、7人しかいないのに、そこに入るほど「戦闘メイド」ってメジャーな属性だったんですね。初めて知りました。


敗北CD

カオス度:★★★★☆

先ほどとは打って変わって敗北のセリフだけを集めたCD。“必殺技”も理解できなかったのですが、これもかなりキてます。収録されているセリフは「痛い、痛い、痛い〜」「ちくしょー、覚えてろよ」 など、ドSな方ならゾクゾクくる(?)ものばかり。必殺技CDを聞いた後だと、「あれだけオーバーに技出しといて負けとんかい!」というツッコミを入れずにはいられません。

 


鬼畜CD S

カオス度:★★★★★

逆にMな男性にお勧めなのがこちらの鬼畜CD。「下等生物の癖に、まだ生きてるの?」「ジャンクにするわよ!」といったSなセリフで言葉責めにしてくれるCDです。特に「ジャンクにするわよ!」は意味はよくわからないですがすごい迫力です。ところで、公式サイトには“アブノーマルの方だけでなく、「自分はノーマルだ」と思っている人もこのCDを聞けば自分のMな一面に気づくはず!?”とありますが、僕は気づくことなく一生を終えたいと思っているので遠慮しておきます。

 


鬼畜CD M

カオス度:★★★★★

Sがあるなら……と思っていたらやっぱりMもありました。こちらはまずパッケージがヤバいです。当サイトに載せる上でモザイクかけようかと思いましたが余計ヤバくなりそうだったので、いちおうそのままご紹介してみました。

セリフの方はもうだいたいご想像通りな内容ですが、中には「この閉鎖された空間.あぁ 私拘束されてるのね! あぁ〜!」という、状況が読めないものも。ちなみにSとMの両方をセットで購入すると、ひたすら謝罪するだけの「ゴメンナサイCD」が特典として付いてくるようです(受付は終了しているようです)。……なんでしょうね、この何とも言えないモヤモヤした気持ちは。

 


チューCD

カオス度:★★★★★

100シチュエーションのキスの音のみを収録した、というナチュラルな狂いっぷりにはさすがの僕もシャッポを脱がざるを得ません。

シチュエーションとしては「ファーストキス」「別れのキス」などが用意されているようですが、なんていうか……かなりどうでもいいです。

公式サイトでは声優を務めた12名のキス顔を見ることできるのですが、中にはかなりマジっぽくてこっちが恥ずかしくなってしまうものや、まったくキス顔になっていないものまで様々で、これはこれでネタとしては面白かったです。

 


〜お前が主役〜 キス魔の三角口撃 激唇王の決断

カオス度:★★★★★

最後にご紹介するのは、先ほどのチューCDの限定スペシャル特典CDである「〜お前が主役〜 キス魔の三角口撃 激唇王の決断」です。

まず上のイメージイラストをご覧ください。

……視聴者をいきなり「お前」呼ばわりしているところも見逃せませんが、それよりも、「激唇王」という初めて目にする単語に僕は日本語の可能性を見た気がいたします。

実は「キス魔の三角口撃」というフレーズも絶妙に僕の逆鱗をくすぐってくるのですが、インパクトでは完全に激唇王に食われてしまっています。

また、CDの設定では「彼女と幼馴染と3人で遊園地に行ったら幼馴染が告白してきて大変! どうしよう!」……という妄想汁250%(公式サイト談)な内容となっていますが、大変も何も、そこで迷ったらもう男としてダメだろ、と思いました。

 



……ということで、多数の妄想CDをご紹介させていただきました。ぜひご購入の際の参考にしてみてくださいね。

なお、「カオス度」は完全に僕の主観となっておりますのであしからず。

他にも面白いCDがあったら追加しますのでぜひ教えてください。


関連記事:「妄想ボイスCD」という、すごい内容のCDがあるらしい



※画像はすべて公式サイトより



前へ   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事