BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2011年7月17日】

イギリスで回転寿司を食べてみたら色々すごかった




先日、イギリスに出張していたのですが、向こうで「yo! Sushi!」という回転寿司を見つけたので入ってみました。

yo10


よく海外の寿司がぶっ飛んでいると聞きますが、自分で食べたのはこれが初めてだったのでなかなか興味深かったです。
写真を撮ってきたのでご覧ください。

yo1

入ったのはロンドンのパディントン駅内にある店舗。
yo! Sushi!は人気チェーンらしく、イギリスのあちこちに出店しています。店員のTシャツには「早く! 安く! おいしく!」みたいな日本語が書かれています(うろ覚え)。

……とはいえ別に日本人が経営しているというわけではなく、サイモン・ウッドロフという企業家が日本の回転寿司をヒントに開業したとのこと。

yo4

yo7

見た目はほぼ日本の回転寿司と変わりませんが、皿にはドーム型の透明なふたがつけられています。衛生面を気にしているのでしょうか。

yo5

メニューもあります。なんかオシャレ。

yo6

皿にも「yo!」。

yo2

yo3

システムは日本の回転寿司と同じです。皿によって価格が決まっており、自由に皿を取って食べた後、最後に合計金額を支払います。
価格は1.7ポンドから最高で5ポンドまで。現在1ポンドはだいたい127円くらいなので、216円から635円くらいでしょうか。
円高でこれですから、かっぱ寿司に比べるとかなり高級です。

yo8

まずは定番のサーモンから。こちらは「サーモンセレクション」。635円。サーモンの刺身と寿司、カッパ巻きが2つずつ。欧米ではかなりメジャーな魚介類で、スーパーで売られているパック寿司のサーモン率はかなり高いです。

で、食べてみたのですが……。

サーモンは美味しい。だから刺身は問題ないです。

が、寿司のご飯部分が致命的に美味しくない

なんだろう、こう、寿司というか水分を抜いたおにぎりみたいな感じ。それにサーモンをのっけました! みたいな。そういえばオーストラリアで食べたパック寿司のご飯もかなり食べるのに覚悟を必要とする味でしたが、海外の寿司はそういうものなのでしょうか……。味覚の違いなのかもしれんけど。

違うのも食べてみました。

yo9

見るからに危険な感じのするコレは、「Beef Nigiri」(ビーフにぎり)。一皿368円。牛肉をご飯にのせ、海苔を巻いてマヨネーズをつけたものです。
組み合わせとしては悪くない気がしますが、やはりご飯がどうしてもダメ。当たり前っちゃ当たり前かもしれませんが、日本の回転寿司とはレベルが段違いです。

yo10

「Crunchy Prawn ISO」。海老の巻き寿司、的な。一皿495円
欧米の寿司のイメージといえばこういうカラフルなやつですよね。ということで恐る恐る食べてみたのですが、見た目ほどインパクトのある味ではなく、ごく普通の巻き寿司という感じでした。



「玉子を頼むとその寿司屋のレベルがわかる」という話を聞いたことがありますが、だとしたらこの「Tamago Nigiri」(一皿216円)は「……まあ、そうだよね」という味でした。コンビニ弁当に入っている見た目の質感がプラスチックみたいな玉子焼とだいたい同じです。



ちなみにしょうゆはヤマサ。だからなのかすごく安心する味でした。

さて、yo! Sushi!では寿司以外の物も充実していて、



これは「Chicken Gyoza」。一皿431円。チキン餃子って日本ではあまり見ませんが、食べてみると普通の冷えた餃子でした。どこらへんがチキンなんだろう。



「Vegetable Yakisoba」。一皿292円。焼きそば……のふりをした何か別の食べ物。いや、味はだいたい焼きそばなんですが、めんがとにかく2、3cmくらいの細切れになっていて食べにくい。あとよくわからないけど、何か焼きそばには入り得ない一味が追加されている感じ。



「Prawn Korroke」。一皿431円。ソース美味しい。



「Katsu Selection」。要するに揚げ物の盛り合わせ。一皿635円。味はコンビニ弁当の揚げ物とそっくりでした。そう思えばまあいけるんだけど、価格を考えるとちょっと高いかなあ。



デザートに「Mochi」も食べてみました。ひねりのない名前が潔い。一皿368円。……今回食べた中で一番美味しかったです。

―――

という感じで色々食べてみたのですが、やはり寿司に関しては日本とはまったく違うな、と思いました。圧倒的に日本の方が美味しいです。少なくとも僕にとっては。
でもこのお店、イギリスでは大繁盛しているらしいんですよ。最初に入ろうとしたときは並んでいる人がたくさんいて出直したくらいです。
だからといって「美味しくない店が繁盛している=イギリスはやっぱりご飯が美味しくない」としてしまうのは短絡的かなと。
有名なカリフォルニアロールもそうですが、海外の寿司は海外向けに最適化されているという可能性が高いわけですし、ここはひとつ外国人の方に日本に遊びに来ていただいて、日本の寿司を食べてもらって感想を聞きたいところですね。

ということで何のひねりもないただの回転寿司の話でしたが、たまにはこういうのもありということでひとつ。


関連記事:5つのサプライズと出会ったイギリス旅行記(一部18禁画像あり)
このエントリーをはてなブックマークに追加


前へ   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
11月 10月 9月 8月 7月 6月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事