BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2012年6月13日】

問題「テニスで“人間の骨格的に絶対打てない場所”にボールが来たらどうする?」答え→




2ヶ月ぶりのテニプリですよ!

ジャンプSQ
いやー月刊誌だと1回の休載が長いですよね……その分読者の期待値も上がって、応えるのも大変なんじゃないかと思うのですが、そこはさすがに許斐先生、今月もきっちりと結果を出していました

さっそく見ていきましょうか。

現在、熱い試合を繰り広げているのは、中学生チームの跡部・仁王ペアと、海外選抜組の毛利・越知ペア

初めて当サイトでテニプリ記事を読むという方のために軽く現状を説明しておきますと、まず前提として押さえておきたいのが、中学生チームの仁王が手塚にイリュージョンして試合に臨んでいるということです。

右は手塚部長に見えますが、実際は仁王です。
※右は手塚部長に見えますが、実際は仁王です。

イリュージョンの説明はややこしくなるので省きますが、要するに変身しているという理解でだいたいOKです。ここでつまずいていたら、この先たぶんついてこられなくなりますので……。

そんな感じで、跡部・手塚(仁王)ペア VS 毛利・越知ペアの戦いの火ぶたが切って落とされたわけですが、試合途中で跡部が越知先輩にガンを飛ばされたことでビビってしまい、ダブルフォールトを連発するなど中学生ペアの雲行きが怪しくなってきます。

そこで奮起したのが相方の仁王。

普段は「コート上の詐欺(ペテン)師」と呼ばれるほどおちゃらけたキャラクターの彼ですが、ここへきて自らの腕を犠牲にしながらも跡部のフォローに回ります。

ですが、やはり無理がたたったのか、仁王はそのままコート上に倒れ込んでしまい、跡部は一人でダブルスを戦わなければいけなくなってしまいます。

そんな跡部を見かねて、試合に乱入したのが樺地
跡部に加勢してしまったことで、合宿所を退去処分になってしまうのでした……。
跡部に加勢してしまったことで、合宿所を退去処分になってしまうのでした……。


と、ここまでが前回までのあらすじです。


今月は、
樺地の退去処分について中学生メンバーたちが不服を申し立てる場面から始まりました。
樺地の退去処分について中学生メンバーたちが不服を申し立てる場面から始まりました。

で、その抗議内容が、

「樺ちゃんは跡部のピンチについ守っただけじゃん!!」
「そーっスよ たしかに悪いっスけどそれで合宿退去なんて…」


…… うーん……「ピンチについ守っただけ」……か……うーん。

何か、明らかに抗議の論点が間違っている気がするんですけど、僕のボキャブラリーではこのモヤモヤ感をうまく言語化できないので、誰か代わりにツッコんでください。お願いします。

そんなこんなでギリギリの戦いを続ける跡部ですが、ここへきてなんと、仁王が復活します

リョーマにイリュージョン!
しかも今度はリョーマにイリュージョン!

これは反撃が期待できるか!?

と思ったのですが、結局のところ本体は仁王なので、蓄積された疲労は回復しておらず、サーブを一球打っただけでイリュージョンは強制解除。仁王は今度こそ力尽きて倒れ伏してしまうのでした。

この間、わずか4ページの出来事でした。

おそらく読者の多くが、「今のは何だったのか……」と思われたことでしょう。

思うに、これはですね、中学生 VS 海外選抜組の試合が始まって以来、主人公であるリョーマの存在感があまりにも薄れていたため、さすがにそろそろリョーマの試合シーンを入れとかないとまずいんじゃないかという高度な経営判断に基づく展開だったんじゃないかと思いますよ、ええ。



……そんなことはさておき、仁王が倒れ、助けも入らず、いよいよ本格的なピンチを迎えた跡部。

当然のように2セット目は毛利・越知ペアに奪われ、これでカウントは1-1
最悪の形でファイナルセットを迎えることになります。

仁王がサーブを打てない時点で、ほぼ跡部・仁王ペアの敗北は確定したかに思えたのですが……。

何とここで驚きの事態が。

跡部が「同調(シンクロ)」したのです!
跡部が「同調(シンクロ)」したのです!

……ちなみに同調(シンクロ)とは、テニプリでは比較的ポピュラーな超常現象の一つで、ダブルスが心を一つにして普段以上のコンビネーション力を発揮する持続型の必殺技です。

なお初期の頃は、

・絶体絶命のピンチにのみ、稀に起こりうるダブルスの奇跡
・同調(シンクロ)中は選手の意識がなくなる


といった設定があったのですが、選手も特訓してシンクロに慣れてきたのか、いつの頃からか意識を保ったまま当たり前のようにシンクロするようになっていました。このへんはドラゴンボール終盤のスーパーサイヤ人と同じポジションですね。

ところで、ここで一つ疑問が生まれます。

それは、跡部が誰と同調(シンクロ)しているのかということ。

だって仁王は倒れていて、もう他に誰もいないはず……。

これで、退去処分になった樺地の魂とシンクロしていた、とかだと面白かったのですが、そういうことではなく、

同調(シンクロ)の相手は倒れて動けなくなっていたはずの仁王でした。
同調(シンクロ)の相手は倒れて動けなくなっていたはずの仁王でした。


そう、仁王はたしかに体力を失って倒れていたのですが、意識を失っていたわけではなく、倒れている間もずっと相手の動きを見続けていたのです。


数ヶ月にもわたって、読者すら欺いていた仁王


正直、この展開には痺れましたね。素直に感心した。許斐先生、凄いわ


仁王と同調(シンクロ)したことで、一人でありながら二人分以上の動きを見せ始めた跡部は、相手ペアの隙を的確に突いて凄まじい追い上げを見せ始めます。

そしてとうとうファイナルセットも最終局面を迎え――


満を持して跡部が放った必殺技は、眼力(インサイト)により相手が絶対に打てない死角を見つけ出す「氷の世界」と、相手の体すら透視する眼力技「跡部王国(あとべキングダム)」の合わせ技!

キャー! 跡部様かっこいい!!
キャー! 跡部様かっこいい!!



でもその決めゼリフはどうかと思う。
でもその決めゼリフはどうかと思う。


あと地味に観客席にいる人も透けてるのがちょっと面白い。



……。


とにかくそんな感じで跡部が放った超必殺技に、相手ペアは対処できません。
人間の関節や骨格が対応できない「絶対死角」
なぜなら跡部の技は、人間の関節や骨格が対応できない「絶対死角」を狙ったものだったからです。

しかし、高校生ペアとしてはここで点を取られるわけにはいかない……!

どうする?


どうすれば関節や骨格的に打てない球を打ち返せる!?




答え:関節を外して打つ
答え:関節を外して打つ



……。





……ああ、それってアリなんだ……と思うと同時に、むしろこんな基本的な回答が思い浮かばなかった自分の不明を恥じるばかりであります。


といったところで来月へ続く!




【告知】
来週6月20日(水)の23時からFM西東京にて放送されるラジオ番組「Nちゃんねる(仮)」に出演します。今月のテニプリについて熱く語る予定ですので、良かったら聴いてみてください。
ラジオは圏外の方でもインターネットのサイマルラジオで聴くことができます。こちらのページからFM西東京を探してクリックしてください。また、スマートフォンなら「TuneIn Radio」というアプリで聴くことができます。


関連記事:新テニプリでもっとも不遇なキャラはたぶんこの人だと思う
このエントリーをはてなブックマークに追加


前へ   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事