BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2016年9月6日】

【ワインBL】イケメンシャトーオーナーにしか許されない口説き文句にふるえろ!



告白します。

いや、告白ってほどのものではないのですが。

1年くらい前に「国産ワインのラベルを見くらべてみるとおもしろい」という記事でも書いたのですが、ここ数年ですね、ワインにハマっておりまして、それはもう原稿料のほとんどを費やして飲みまくっているといっても過言ではありません

さらに、もともと凝り性なこともあり、いろいろ本など読んでワインの勉強もしているところなのですが……

そんな折、こんなBL本を見つけてしまいました。




『あまやかな指先』 著者/御堂なな子

です。

もう表紙のイラストでだいたいわかると思いますが、ワインをテーマにしたBLです。
BLにしてワイン!
これはもう、僕のために書かれた小説といっても過言ではありませんよね。

もう見つけた日は嬉しすぎて思わずスパークリングワインを開けてお祝いしてしまいましたが、いったいどんなお話なのでしょうか。

まさかぶどうの品種による擬人化BLとか、ワイン×グラスの擬人化BLとか、そういうカロリー高めなやつ?



……なんてことはもちろんなく、帯にあらすじが書いてありました。

蔵元の跡取り・春哉が研修先のフランスで出会ったシャトーオーナーの葛城。二人は次第に惹かれあうが春哉は帰国しなくてならず…。


ということで、「フランスのシャトーオーナー×日本酒の蔵元の跡取り」というカップリングでした。酒好きならもはやこの本を肴に一杯やれそうな組み合わせですね。

あ、「シャトー」っていうのはワインを作っている会社みたいなものです。

ちなみに、



右側のイケメンがシャトーオーナーで、左側のイケメンが日本酒の蔵元跡取りです。

春哉くんもなかなかの高スペックぶりですが、もっとすごいのはシャトーオーナーの葛城さん

「イケメン」「高身長」「人格者」「ソムリエの資格持ち」「5ヶ国語ペラペラ」「前オーナーに気に入られてシャトーを譲り受けたほどの実力者」という感じで、もはや高スペックの玉手箱みたいなことになっています。

こんなのが高級ワイン片手に、



「ワインはゆっくり楽しめるけど、君とのキスは、待てないからね」

とか言いながら迫ってくるんですよ!

お前ぜったいそのセリフ、今まで1000回は使ってきただろ!


……まぁ、セリフ自体は普通に使う人いそうだけど、シャトーオーナーが言うと重みが違う。ずるすぎる。


それはともかく、本編ではそんなパーフェクトヒューマン葛城にとって予想外の事態がいきなり発生します。

「みんな蔵元のプライドはないのか。世界中で一番うまいのは日本酒だろ。ワインなんか邪道だ、邪道」
P6より

「ワインは苦手だ……。臭くて渋くて、飲んでもおいしいと思ったこと一度もない」
P8より


なんと、日本酒蔵元の春哉くんはワインが死ぬほど苦手

じゃあなんでお前フランスまで研修に来たんやと言いたくなりますが、そこらへんの事情は本を読んでください。

あと、ワイン勉強中の身としましては、「何かワインの描写におかしなところはないか!?」とすっかりワイン警察と化しながら読んでしまったのですが、



「これがセミヨンの葡萄だよ。早世の品種だから、もうだいぶ熟れてきているね」
「種無し葡萄みたい。小さい実なんですね」
「小粒でも、甘みはとても強いんだ。醸造する時は他の品種の葡萄を混ぜて、酸味を加えているんだよ」
(中略)
「この実があの蜂蜜みたいな貴腐ワインになるんだ……」
「丘陵地という土地柄と、川からやってくる霧と、目に見えない菌が織り成す、貴腐ワインは自然の奇跡だよ。私たちワインの造り手(ヴィニュロン)は、その恵みをありがたく受け取っているんだ」
P38-39より


とか、

春哉が一日がかりで摘んだセミヨンが、実と茎を分ける除梗機へとコンベアーで運ばれていく。その後、実だけがプレス機にかけられて、新鮮な絞り汁が大きなタンクに貯蔵されるのだ。
「春哉、見てごらん。こちらの発酵タンクは、仕込んで三日目の若いワインだよ。ボルドーでは『ブリュ』と言うんだ」
P134より


……普通に勉強になりました。生意気いって大変申し訳ございませんでした。

そんなわけで、ワイン好きなら間違いなく楽しめる『あまやかな指先』、ぜひ一杯飲みながら読んでみてはいかがでしょうか。

本日はこのへんで。




このエントリーをはてなブックマークに追加

【前の記事】お店に置いてある「お客さんが自由に何でも書いていいノート」がおもしろい

【次の記事】カフェオレ・ライターは15周年を迎えました。

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事