BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2016年11月8日】

BLの「魔王」に共通する"ある要素"はどこからきたものなのか



皆さん、「魔王」と聞いて、どんな姿を想像しますか?

何も参考にせず、絵に描いてみてください。描くのが難しい方は想像してみてください。

……はい。その魔王の姿は一旦おいておくとして、今回ご紹介するのはこちら。




「魔王受BL」です。

BLをご存知ない方がいるかもしれないので簡単に紹介しますと、「魔王受」とはBL(ボーイズラブ)において、魔王が受け、つまりツッコまれる方になるという意味で、本作はそんな「魔王受」の作品ばかりを集めたコミックスアンソロジーとなっております。

……単なる「ファンタジーもの」ではなく、「魔王が出てくる」だけでもなく、「魔王受」という極めて限定的なシチュエーションのみで本が一冊作れてしまうところにBLのすごさを感じずにはいられないわけですが、それはともかく、読んでいてちょっと気になったことがあります。

それは、



BLに出てくる魔王って、みんなロン毛で角生えてない?

……ということ。

ためしに「魔王受BL」の魔王を見てみましょう。



「やさしい奈落」(著/本間ぴるぱ)の魔王。人間に囚われた魔王がご想像通りの仕打ちを受けるというお話ですが、ばっちりロン毛かつ角が生えています。



「魔王専用性体師」(著/坂本あきら)の魔王。こちらもロン毛に角です。……それよりも服装の方が気になりますが

あ、ちなみにこのお話の攻めは、



スライムです。

このぷにぷにした生き物が魔王をどう攻めるのか気になる方が多いと思いますが、たぶん皆さんが今想像している感じでだいたい合っています

……タイトルといい、この作品には個人的に言いたいことがいっぱいあるのですが、グッとがまんして次へいきます。



「まおうがたおせない」(著/草加はるひ)の魔王。襟足は短めですが、まぁ長めの髪と言っていいかと思います。角はもちろん生えています。

なお、タイトルの「まおうがたおせない」は魔王が強すぎて倒せないという意味ではなく、かわいすぎて倒せないです。

続いて、



「まおうにあいに、」(著/高昌ゆり)の魔王。安定のロン毛&角。

そして、



「魔王と願い事」(著/日野雄飛)の魔王。めずらしく角がありませんが、これは設定上、魔王というよりも狼男に近いからだと思われます。ただ、髪は肩を超えるくらいあるのでけっこう長めです。


最後に「魔王受BL」で唯一、短髪の魔王をご紹介。



「Long Time」(著/加尾)の魔王。短髪ですが角はしっかり生えています。


いかがでしょうか。本作に収録されている作品のほとんどの魔王が「ロン毛」「角」という特徴を備えていることがわかります。
また、緒笠原くえん先生のイラストも収録されているのですが、そちらの魔王もやはりロン毛に角でした。

「魔王受BL」はアンソロジーで多くの作家さんが参加しており、それぞれがご自身の中にある「魔王」を描かれたのだと思いますので、BLにおいて「魔王はロン毛で角」という共通のイメージがあるといえそうです。

というか、BLに限らず、「魔王」で検索するとそういう感じのイラストがざくざく出てきます。

つまり、一般的に魔王といえばロン毛と角なのではないでしょうか。

この仮説を検証するため、今回の記事を書く前に、うちの弟と妹に「何も参考にせず、雑でいいから直感的に『魔王』を描いてみてくれ」というテストをしていました。

そもそも一般人の二人が「魔王」と聞いてロン毛と角を描いてくれなければ、今回の話のテーマそのものが成立しませんからね。

果たして、「魔王といえばロン毛と角のイメージ」という仮説は証明されるのでしょうか。

まずは弟のイラストから見てみましょう。




そうそうそうそう、これこれこれこれ

何も言ってないのに、なんて理想的なイラストを描いてくるんだ弟よ。
やっぱりね。やっぱりそうなるよね。

じゃあ妹の方はどうかな。




これは魔王じゃなくて「鬼」だろ!


……妹の感性はちょっとズレすぎていて参考になりませんでしたが、特にBLや少女漫画を読まない弟が「ロン毛と角」を描いてきたということは、これはもう一般的な魔王のイメージであると断言してもいいでしょう。

冒頭で魔王の姿を皆さんに想像していただきましたが、きっとロン毛と角を思い浮かべた方も多いのではないでしょうか。

そうなると、次に気になるのは、この「ロン毛と角」のイメージがそもそもどこからきたものなのかということです。


まず、「角」に関しては簡単で、


Wikipediaより

タロットカードでおなじみ、悪魔バフォメットのヤギの頭が元ネタではないかと思われます(ヤギはキリスト教で悪魔のイメージとして扱われています。ヤギの気持ちも考えてほしい)。

このバフォメットが日本の漫画やゲームでデフォルメされまくった結果、「魔王には角」という特徴だけが残ったのではないでしょうか。

一方の「ロン毛」については、いろいろ調べてみたのですがこれといった理由はわかりませんでした。

先ほどのバフォメットのヤギの頭部がモサモサしているから……とも考えたのですが、さすがに無理があるような気もします。

イメージを定着させるほど影響力のあった作品で「魔王」かつ「ロン毛」といえば……



「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の大魔王バーン様くらいしか思いつかないのですが、

BLに影響を与えそうな少女漫画や耽美系でいくと、



「アスタロト」(著/魔夜峰央)や、



「悪魔の花嫁」(著/池田悦子・あしべゆうほ)あたりがロン毛悪魔の元祖でしょうか。

「悪魔の花嫁」は1975年連載開始。これより古い作品で魔王をロン毛で描いた少女漫画があったのかはわかりませんでした。

となると、気になるのは「悪魔の花嫁」でなぜデイモスがロン毛だったのかということですが、これは悪魔云々ではなく、単に当時の少女漫画のイケメンにロン毛が多かっただけかもしれません



……結局のところ、これという答えは見つからなかったので、いくつか仮説を立ててみました。

1.少女漫画で魔王が当時の流行を取り入れたロン毛のイケメンに描かれた結果、イメージが引き継がれ、バフォメットの「角」要素と合体した
2.バフォメットの元絵のモサモサした感じをデフォルメした結果、ロン毛になった
3.角を描くと頭部のボリューム的にロン毛にしたくなる


ぜんぶ想像なので、どなたか魔王とロン毛と角の関係について何かご存じの方がいたらぜひ教えてくださいませ。





このエントリーをはてなブックマークに追加

【前の記事】本の魅力を200%引き出す驚異の日本語テクニック「BL帯」の世界をごらんください
【次の記事】クリスマスプレゼントの選び方って何が正解なの? 議論の結果、答えが出ました

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事