BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2017年3月3日】

動き出したラブドール、精を食う男、ツンデレが仕事の少年……BL漫画「ラブ・セクサロイド」の世界観がいろいろと濃すぎた【PR】



ハローハロー。

皆さん、花粉にも負けず、元気にBL読んでますか?

今回の記事は、電子書籍サービスeBookJapanの提供でお送りしております。

もともと漫画のラインナップが充実している電子書籍サービスなのですが、今年からBL漫画に全力投入していくという情報をたまたまeBookJapanに遊びに行ったときに小耳に挟みまして、「それ、めちゃめちゃいい予算の使い方っスよ!」と意気投合したわけです。

で、最初はまぁ、他でも出してる漫画を同じように配信する感じなのかな〜とか思っていたら、いきなり始まったのが著名な作家さんの新作の独占先行配信ですよ! いきなりフルパワーで攻めてきおった! まぁ読む側としては最高にありがたいですけど……。

ということで、今回はぜひ皆さんに読んでいただきたいeBookJapan独占先行配信作品をご紹介したいと思います。

それが、天城れの先生の新刊「ラブ・セクサロイド」です。



こちらから読めます! ちなみにeBookJapan限定の特典ペーパーまでついてくる上に、天城れの先生の他の作品も含め配信中という大盤振る舞い。eBookJapanの本気すげーな。

天城れの先生といえば、「BL描いても売れません ―マンガ家やめてもいいですか―」というエッセイ漫画になぜか僕が出演させていただいたりと、何かと当サイトとはご縁があります。

そんな天城れの先生の「ラブ・セクサロイド」、実際に読んでみると、やっぱり面白い! 特に世界観とか設定がめちゃくちゃユニークなのと、セリフに込められたパワーがハンパないことになっていました。

さっそくご紹介していくことにしましょう。



(C)天城れの/ジュネット

まずは収録されている作品を見ていきます。

表題作のラブ・セクサロイドは「シリコン系男子」というタイトルで収録されており、それから「ゴリラ系男子たもつの受難」「ツンデレ就職難」と、3つのお話をボリュームたっぷりに読むことができます。

……もうすでにタイトルからして全部メインディッシュのフルコースみたいな濃厚な雰囲気を漂わせているわけですが、まずは「シリコン系男子」から。

■シリコン系男子


※P10より (C)天城れの/ジュネット

ラブドール(♂)を制作する凄腕の職人・サカキと、彼に作られたラブドール・極黒(きわぐろ)。ラブドールであるにもかかわらず魂が宿ってしまった極黒は主人であるサカキに献身的に尽くしますが、当のサカキは「人形に魂も感情も必要ない!」と冷たく言い放ち、極黒をぞんざいに扱うのでした――。

献身的な人外と冷徹な主人という二人の関係の結末がめちゃくちゃ気になるのですが、同じくらい気になるセリフを見つけました。

サカキと極黒が二人で協力して新たなラブドールを作ろうとしているときのセリフなんですが、


※P19より (C)天城れの/ジュネット

「アンダーヘアを植毛する」って人生で一度でいいから言ってみたくないですか。

たぶんラブドールを作るシチュエーション以外にこのセリフを使う機会はないと思いますけど、でも、いつかどこかでさわやかに「オレ、アンダーヘアを植毛するわ」ととか言い放ってみたいです。


※P31より (C)天城れの/ジュネット

ちなみに、そのとき作られたラブドールがこの男・白金(しろがね)で、やっぱり魂が宿ってしまっています

後半のお話は白金が主役となり、偶然出会った高校生に、


※P56より (C)天城れの/ジュネット

ものすごく礼儀正しく性行為に誘われるところから物語が動き出します。

「お願いですっ(ばっ)」じゃないよ!

……で、このシーンもなかなかなんですが、個人的に金メダルをあげたいのは、


※P68より (C)天城れの/ジュネット

「お尻の穴…本物みたいですね」

これですね!

このセリフ、最高すぎる!

誰かに言ってみたいけど、ぴったりハマるシチュエーションに今後の人生で出会う自信ないな〜。

そもそも男同士で尻を見せつけ合う機会が皆無ですし、尻を見た後、「穴が本物かどうか」を疑う状況がないし……。

うーん、やっぱり使い所が難しいですね。残念!

■「ゴリラ系男子たもつの受難」

続いて「ゴリラ系男子たもつの受難」ですが、これもちょっと普通じゃありません


※P80より (C)天城れの/ジュネット

主人公のたもつはゴリラ系男子で、大学のラグビー部に所属してます。

そこまではいいのですが、ここでさらに重大な設定が飛び出してきます。

なんと、たもつの家系は吸血鬼ならぬ吸精鬼でして、精子を補給しないと元気が出ないというのです。

なので、たもつの食卓(兄の手作り)はこんな感じ。


※P82より (C)天城れの/ジュネット

パッと見はおいしそうなのですが、よく見るとメニュー名がやばいです。

……味噌雄汁はちょっとネーミングセンスに感心してしまったけど。

そんなこんなで、吸精鬼としての本能に悩まされるたもつ。


※P90より (C)天城れの/ジュネット

本人がめちゃくちゃまじめに悩んでいるところ申し訳ないのですが、「皆の股間を見てると吸いつきたい衝動に駆られてしまうっ」はちょっと笑ってしまいました。

この後、たもつはさらにとんでもない展開に巻き込まれていくのですが、それは本編をご覧いただくとして……。

■ツンデレ就職難

最後は「ツンデレ就職難」です。


※P153より (C)天城れの/ジュネット

ちょっと珍しい世界観で、ツンデレとか愛され系とかモブとか、二次元の世界の住人たちが実は役を演じている役者だったら……というメタ的な設定でお話が進みます。

これまでツンデレとして生きてきた主人公の優真ですが、最近ツンデレの需要が落ちていることから、教官を雇って愛され系にチェンジしようとがんばることに――というお話。

教官はこの人です。


※P166より (C)天城れの/ジュネット

怖っ。

「重度のツンデレ」って何なんですかね……。

もう一つ、違う方向性からグッときたセリフがあったのでご紹介。


※P160より (C)天城れの/ジュネット

フリーランスとしては重いパンチを急所に受けたような気分。正論すぎて一言も言い返せません。

お話の方は、ここからさらに展開。ツンデレキャラとして職を失った優真がどうなっていくのかは本編で!



「ラブ・セクサロイド」の収録作品は、どのお話もひねりのきいた物語となっていてユニークで面白いです。ピーンときた方はeBookJapanから読んでみてください。

あ、そうそう、今回はあえて取り上げていませんが、ジュネットということで、どの話もけっこうちゃんとエロいです。

eBookJapanを開く


このエントリーをはてなブックマークに追加

【前の記事】咽頭炎と高熱でライターとして終わりかけた数日間をご報告します

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事