BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2010年6月9日】

ゲームのハード戦争を擬人化した漫画「蒼い世界の中心で」のキャラ立ちがハンパない



ほいほい。

最近ホントいろんな擬人化ものが流行ってるよなーとか思ったら、こんな本をご献本いただいたので紹介しますよ。


これ何の擬人化ものかわかる?

帯を見て想像つく人はつくと思うんだけど、正解はゲームです。もう何でもありか!

って言ってもゲームの歴史をお勉強するための真面目な漫画というわけではなくて、あくまでゲームメーカーを国に、ソフトを人に見立てて、ゲーム業界のこれまでのシェア争いをファンタジーを舞台に描くというもの。

さっき「何でもありか!」とか思わずツッコんだけど、そもそもゲーム業界は長年シェア争いを繰り広げてきたこともあって、こういう擬人化ものには向いてそうなテーマではあります。昔そういうフラッシュムービーとか流行ったし。

で、この単行本はもともとウェブで公開されていた漫画に加筆修正した完全版。とりあえず5月31日発売の1巻と2巻を読んだのですが、けっこう面白い。特にゲーム業界の事情に詳しい人ほどニヤニヤしながら読めると思います。


ちなみに各メーカーやゲームソフトの名前はそのままというわけではなくて、全部微妙に変えてあります。たとえば、


これが世界地図なんですが、「コンシューム大陸」(コンシューマ機)の最大勢力である「ニンテルド帝国」(任天堂)と、大陸の覇権を争っている「セグア王国」(セガ)、さらに「エリール共和国」(エニックス)や、「スロヴィア王国」(スクウェア)、「タトランド」(タイトー)など、パッと見で元ネタがわかるものから、わかりづらいものまで様々です。

ニンテルドはロゴがファミコンのコントローラーそのままだし、セグアはセガをちょっとかっこよく発音してるだけなのでわかりやすいのですが、スロヴィア=スクウェアとかはしばらくわからなくて考えてしまいました。


んで、主人公はセグアに住む少年で、敵はニンテルドです。

セガが主人公というあたり作者はよくわかってるなぁと思うのですが、同時に今後の行く末が予想できてちょっぴり切ないです。

セグアの時代を…! ニンテルド帝国からコンシューム大陸の占有率(シェア)を取り戻しこの厳しい(ハード)戦争を終結させる!


……1巻のこのページとかもう、ね……。


で、こいつが主人公のギア。通称「青い音速(ソニック)」。元ネタはもちろんソニック・ザ・ヘッジホッグ。

もはや見た目にはハリネズミの面影は髪型にしか残っていませんが、他の有名キャラクターも色々アレンジが加えられてキャラ立ちがハンパないことになっています。

ということで一部ご紹介してみます。


ハビド共和国侍社長キチョウ。めちゃ凶悪な面をしていますが、元ネタはもちろんハドソンの桃太郎伝説(&電鉄)。

この変わりよう。なんなの? 月打されたの? ……あ、キングボンビーもちょっと混じってるか。



さらに、「俺より強いやつに会いに行く」でお馴染みの「ストリートファイター2」は、


ガンプ連合の波動の戦士「トーファイ」になってました。なるほど、「ストリ“ートファイ”ター」ね。


この他にもニンテルド帝国の頂点に君臨する帝王「マルクス」(マリオ)とか、スロヴィア王国の究極王女「クリスタル」(ファイナルファンタジー)、エリール共和国の勇者「ミョムト」(ドラゴンクエスト)など個性豊かなキャラ多数。特に「ミョムト」とかどんな名前やねん! と思ったら、ドラクエの裏技で出てくる「もょもと」が元ネタか……。


とまぁ色々元ネタを想像しながら読むと楽しいわけですが、中でも一番の問題児は、


この人。

「テジロフ」って何のことかわからないかもしれませんが、元ネタは言わずと知れたテトリス。「テ」しか合ってないやんけ、と思うかもしれませんが、開発者のパジトノフと組み合わせた結果この名前になったんだと思います、たぶん。


で、テトリスって、要するに「テトリス棒」と呼ばれる長い棒形のブロックを穴にハメて消すと気持ちいいゲームですよね。

だからなのか、


シモネタが酷い。


言いたいことはわかるけどとりあえずその指やめろ



癖か! それもうお前の癖か!



……ということで収拾つかなくなってきたので紹介はこのへんで終わりますが、史実を元にうまくファンタジーに落とし込んでいる本作、ゲームファン、あるいはセガファンならお薦めです。

まだ完結していないということで、今後の動向、特にラストでセガがどうなるのかというところに注目していきたいと思います。



【おまけ】

ルイージはなんつーか、こういう本でもしっかり“ルイージ”だなぁ。



関連記事:もはや面影ゼロだよ! ゴキブリを擬人化した衝撃のBL本「ごきぶりくん」

関連記事:やっぱりセガはひと味違うぜ! 珍妙なスポーツばかりを集めたゲーム「珍スポ」がもうすぐ発売!

関連リンク:「蒼い世界の中心で」WEB漫画版公式サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加




前へ   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事