BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2019年1月15日】

テニスの王子様がついに錦織圭選手&大坂なおみ選手とコラボしたので詳細をまとめたのですが、どうコメントしていいかわかりません



テニプリことテニスの王子様といえば、これまでに池袋ナンジャタウンコンタクトメーカーのメニコン印鑑メーカーのシヤチハタといったテニスとは特に関係のない企業と斜め上を行くタイアップをしてきたことでおなじみです。

そんなテニプリが2019年、また新たな企業、そして意外な人物とコラボレーションを果たしました。



日清カップヌードルです。

さらに、日清といえば……そう、世界で活躍するテニスのトッププロ、錦織圭選手と大坂なおみ選手が所属している企業でもあります。

ということで、



錦織圭選手&大坂なおみ選手、そして若手のホープ・綿貫陽介選手との夢のコラボが実現しました!

テニプリがテニス関連のコラボをする日がくるなんて……感無量です。

……今回のコラボに関してはTwitterでもおそろしくバズっていたので、いまさらご紹介しなくてもいいかなと思ったのですが、Twitterはそのうち流れてしまいますし、将来テニプリのコラボ情報を調べる人が現れたときのために"テニプリはテニス関連のコラボをしたことがある"というエビデンスとしてまとめておこうと思います。

さて、今回のコラボでは2つの動画、3つのイラストが制作されており、非常に気合の入ったものになっています。



1つ目の動画は先ほどもご紹介したこちらのカップヌードル公式ツイートから見ることができます。

わずか36秒の中にすさまじい情報量が詰め込まれているので、何はともあれご覧いただきたいのですが、環境的に動画を視聴することが難しい方もいるかもしれませんので、内容の方をご紹介していきましょう。



アニメ冒頭、ゆったりと航行する豪華客船のシーンから始まります。



そんな豪華客船の甲板に寝転がっているのは、リョーマをはじめとするテニプリメンバーの面々です。

メンツはリョーマ、大石、仁王、向日。

リョーマはともかく、なぜ他の3人がこのメンツなのか。Twitterでもファンが戸惑っていましたが、たしかによくわかりません。声優さんの都合かなと思いましたが、リョーマ以外はボイスも入っていませんし……。

まあ考えてもわからないですし、他に言わないといけないことはたくさんあるので続きを見ていきましょう。

豪華客船に乗っているのは、リョーマたちだけではありません。



そうです。錦織圭選手と、



大坂なおみ選手です!

いやー……とうとうこの日が来てしまいましたか。

オーラを操るのは当たり前、最近では空間に穴を空け、召喚魔法を放ち、時さえも止めるようになったテニプリキャラですが、そのほとんどが相変わらず中学生か高校生。「じゃあプロはどんだけすごいんだよ」というツッコミをつねに受け続けてきました。

現在連載中の「新テニスの王子様」ではプロ選手も登場しているのですが、今回コラボするのは現実の、それも世界トップクラスのガチプロです。

錦織圭選手と大坂なおみ選手がどんな試合を見せてくれるのか楽しみにしつつ、動画を見ていると……。



豪華客船の上空から突如、何者かが降ってきました







降ってきたのはめちゃくちゃワイルドなオッサンでした。

テニプリをご存知ない方は、「見た目がテニス漫画っぽくないし、この人もコラボした誰かなのかな?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。このオッサンは普通に原作にも登場するテニプリ日本代表チームの三船コーチです。

そのコーチがどうやって海のど真ん中で空から降ってくることができたのかというと、





どうやら先ほどちらっと映っていたこちらの飛行機から落下してきたようです。

……いろいろ言いたいことはあるのですが、言葉を探しているうちにテンポよく動画が進んでしまいツッコミの余地を与えてくれません



派手に登場した三船コーチは、驚く面々に向かって「貴様ら! このまま楽しく着けるとでも思ったか? グランドスラムは生半可な覚悟じゃ勝ち抜けんぞ!」と言い放ちます。

このセリフにより、どうやらリョーマたち、そして錦織圭選手と大坂なおみ選手がグランドスラムに出場すること、さらに豪華客船の行き先がその会場となる国であることが明らかになります。そういえば錦織圭選手と大坂なおみ選手はちょうど今、オーストラリアオープンに出場されていましたね。



「これから貴様らにはオーストラリア特別バージョン修行をおこなってもらう!」と言いながら謎のボタンをポチる三船コーチ。



すると豪華客船が光に包まれ……



イルカ型の潜水艦に変形



呆然とする錦織圭選手と大坂なおみ選手に何の説明もないまま……



潜水



これに「ふーん、面白くなってきた」とリョーマ。……どうやら原作の方でいろいろありすぎたせいでこの程度ではまったく動じなくなったようです。



そして潜水艦(元豪華客船)はオーストラリアへ向かって猛スピードで進み始めるのでした。



ハングリー・トゥ・ウィン!


……。

以上が1つ目の動画、「修行開始編」となります。

……潜水艦に変形したあたりからコメントすることを放棄してしまい申し訳ありませんでした。

ともあれ、そんなこんなでオーストラリア修行へ。

テニプリメンバーは三船コーチが課した過酷な修行に取り組みます。


カンガルーのように走って一体感と筋力を鍛錬し、


水の上を走って足腰と集中力を鍛えます。

三船コーチいわく、「水の上を歩けず沈んでいるようではグランドスラムでは通用しない」そうです。

やはりプロの世界は厳しいのですね


さらに凶暴なワニが下で待ち受ける滝を登り、腕力と精神力を鍛えていきます。

コラボなので大げさに演出していると思われるかもしれませんが、原作にも崖を登る修行は登場しますので、テニプリ愛読者であればこのシーンに対しては「ああ、あれね」くらいのリアクションになるかと存じます。

さあ、そうしてやっと修行を終えた錦織圭選手、大坂なおみ選手。

最後はいよいよ、練習試合で修行の成果を披露することになります。


こちらがその模様をアニメ化した怒涛の1分30秒です。

では見ていきましょう。



厳しい修行に耐えた錦織圭選手と大坂なおみ選手は、最後の仕上げとしてテニプリキャラたちと100ゲームマッチをおこなうことに。



「限界を超えるがいい!」と言い放つ三船コーチ。……個人的にはこれまでの修行で十分限界を超えているような気がしますが、コーチはまだ満足していないようです。





100ゲームマッチスタート。しかし、テニプリキャラたちの必殺技の前に錦織圭選手と大坂なおみ選手は手も足も出ません。

これはちょっと意外な展開。トッププロが中学生に敗れてしまうのか!?



そんな二人を同じく日清食品に所属する若手のホープ・綿貫陽介選手も心配そうに見つめます。そういえば綿貫選手、ここで初登場です。



……と、ここで錦織圭選手に異変が!

これまでの過酷な修行を思い出し、ついに限界を超えるときがやってきたようです!

さあ、いったいどんな必殺技を見せてくれるのでしょうか!?



えっ?



えっと……





テニプリには己の限界を超えた者だけがたどり着ける「無我の境地」という技があり、さらにその奥には「百錬自得の極み」「才気煥発の極み」「天衣無縫の極み」という3つの扉があって、おそらくこの「日清月歩の極み」はその延長線上にある扉という設定でしょうね、その証拠にここで入る乾の解説が…この説明、必要です?


ちょっともう長くなりすぎるので割愛しますが、そんなわけで、



見事に必殺技を身につけ、限界を超えた両選手。……限界というよりも、人として超えてはいけない壁を超えたようにも思えましたが……。



すべての修行を終えてがっちり握手するリョーマたちと錦織圭選手、大坂なおみ選手。

……と、そこへバラバラバラとヘリコプターの音が響き渡ります。



「乗りな!」

なんと跡部様(中学3年)が自らヘリを操縦してやってきました



跡部様のヘリに乗り、オーストラリアオープンの会場を目指す錦織圭選手と大坂なおみ選手。

きっと彼らならやってくれるはずです! そう、テニプリキャラとの特訓により人としての限界を突破した彼らなら……!



ハングリー・トゥ・ウィン!(完)


……どんなにめちゃくちゃな展開でも、最後に跡部様が派手に登場して「HUNGRY TO WIN」を出すだけで何となくいい感じにまとまるの、本当にすごいと思いました。


以上、2019年早々からぶっ飛ばしてきた錦織圭選手&大坂なおみ選手×テニプリコラボ。

テニプリも両選手も日清も、この調子で今後も突き進んでいってほしいですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【前の記事】日本一寒い町・陸別の「しばれフェスティバル」で人間耐寒テストに参加した【裏話】

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2019年
1月
2018年
12月
2017年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事