BL テニプリ やってみた 気になる 弟妹 食・グルメ 行ってみた ゲーム・漫画 イベント 告知・PR

「カフェオレ・ライター」は、とあるフリーライターの日常やBL帯、ネットの気になるネタなどの話題を中心に、
生きていく上で特に必要のない情報を紹介する個人サイトです。
ネタのタレコミお待ちしています。

since 2001.9.6
アクセスカウンター

PR

告知&PR


プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

【2009年3月22日】

中二病が発覚したイケメンとの、楽しい同棲ライフを再開するよ


いやー、気づけばだいぶお久しぶりになってしまいましたが、イケメンバンクレビューの続きをやっていこうと思います。

一ヶ月以上空いてしまったので、これまでの復習をされる方、今回初めて見たという方は、以下の関連記事からどうぞ。

関連記事:男だけど、イケメンと同棲することになった
関連記事:イケメンが家出した
関連記事:イケメンとの同棲生活、その後。
関連記事:イケメンとの再会、そして急展開
関連記事:女性の本音、それは「イケメンは何をしても許される」だった!
関連記事:イケメンとの同棲生活改め、「イケメンとの監禁生活」スタート!
関連記事:「イケメン×ツンデレ=最強」の法則!
関連記事:だんだんと際立ってきたイケメンの異常性
関連記事:イケメンに学ぶモテの極意〜スクリーンセーバーで会話編〜

さて……。

簡単なこれまでのあらすじとしては、カフェで出会ったイケメン社長タキCが、突然主人公の部屋に押しかけ、「今日から一緒に住む」と言い出し、その上「キミはこの部屋から一歩も外に出るな」とまさかの監禁宣言をかまし、しかも主人公は主人公で、「それもいいかも♪」みたいなノリで監禁を快諾。……狂った同棲生活がスタートしたのでした。

あらすじだけ見てもすでにちょっと何かが激しく間違っている気がするのですが、イケメンバンクは以前にも書いた通り有名な恋愛カウンセラーが監修していますので、激しく間違っているのはきっと僕の方なのでしょう。……たぶん。

ではそろそろタキCとの同棲生活の続きを見ていきましょう。

「なるほどねー キミは、意外にリカイが早いな」
「よっぽど、おバカだと思ってたんでしょう!」
「…とにかく、キホンを覚えてくれて助かった」
「まだ、キホンのことくらいしかできないけど、これからタキCの手伝いができるようにがんばるから」
「そうしてもらえると、ワタシも助かる。今まで、タニンと一緒に何かをするなんてことはなかったが…案外、楽しいものだな」

やっと本来の目的である“タキCにパソコンを教えてもらう”ことにたどり着いた主人公ですが、タキCの上から目線がものすごくムカつきます。そしてそれ以上に「これからタキCの手伝いができるようにがんばる」とか、すっかり飼いならされてしまった主人公に腹が立ちます。お前も、プレイヤーの分身ならもっとシャキッとせい!

あとどうでもいいのですが、タキCの最後のセリフが中二病くさくて、なんかニヤニヤしてしまいますね。というか社長のくせにそんな態度でいいのか。社員逃げるぞ。

「楽しくないよりは、楽しい方が絶対にいいよね。あたしも、タキCが楽しいと嬉しいよ」
「なるほど。キミには、いろいろと教えられるものが、多いのかもしれないな」
タキCはうなずきながらまた本物の笑顔をつくってくれた。

……その笑顔が本当に本物かどうか、なぜ主人公にわかるのでしょうか。これまでの経緯を考えるとどう考えても偽りの笑顔に違いないと思うのですが。

どことなくハッピーエンドの空気が漂ってきたことに僕はものすごく不満なのですが、まさかこのまま終わってしまうのでしょうか……。

心配になってきたのでもう一話分進めてみましょう。

タキCがやってきてから数日。

「タキC、ちょっとだけ買出しに行きたいな」
「外に出るのはダメだ」
「お買いものをしなきゃ、食料もないんだよ。スーパーは近くだから、すぐに帰ってくるよ」
「…身内ですら信用できないのに、キミを信用しろと?」

急 展 開 !

これですよ、タキCはやっぱりこうじゃないと! そんな簡単に主人公と心を通わせるなんてタキCらしくないと思ってたんですよ。やっとデレたと思ったら再びツン! ツンデレツン! これがタキCですよ! さあ甘ったれた主人公に鉄槌を!

「…え? 身内が信用できないって、どういうこと?」

「…はっ!」

しまったという表情でタキCは口元を押さえた。

「なんでもない。食糧がないのなら、ワタシもキミと一緒に出かけよ う」

いいね、いいねー!

「…はっ!」とか、このいかにも中二病なタキCのリアクション

「触れてくれるな」みたいな雰囲気出しといて、本音は語りたくてしょうがない、みたいなこの感じ!

というかタキC、主人公が買出しに出かけたらそのまま帰ってこないんじゃないか、とか思ってるのでしょうか。ここ、主人公の部屋なのに。どんだけ病的な心配症だよ!

……いやまあ確かに、僕なら自分の部屋だろうが逃げ出して警察に駆け込みますけど、イケメンにイカれてしまってる主人公に限ってはまったく逃亡の心配はないので、タキCはそんなに心配することないと思います。

ということで、徐々にタキCの過去が明らかになってきたイケメンバンク、次回へと続きます。



【別媒体で書いているもの】

3/17

マイコミジャーナルで今話題のハリウッド版ドラゴンボールのレビューを書きました。世間では批判されているみたいなので僕は頑張って擁護してみようと思ったのですが……無理でした。



前へ   次へ

PR

プロフィール

マルコ
フリーライター/BL研究家やってます。お仕事のご依頼、ネタのタレコミはメール、またはtwitterあてにお気軽に。お仕事について詳しくはこちら。
メールアドレスはma-cafe@hotmail.co.jp


※RSS登録はRSSアイコンのリンク先のアドレスをRSSリーダーに登録してください。
書いている人のことがなんとなくわかる記事↓
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
とあるカメラオタクが写真家×写真家のBL漫画「フォーカス」を読んだらこうなりました
貧乏フリーライターでも南国でバカンスを楽しめる10のコツ

最近関わった書籍など


月間アーカイブ

2017年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
※2001年9月から2008年12月のアーカイブは一部を残して非公開です。

はてブ総合人気記事